龍馬やペリーも飲んだ冷え性の味方

いよいよ寒くなってきて、今年も冷え性の友達のことを思い出している。彼女曰く、夜、足先が冷えて眠れないのがもっとも辛いという。世の中には様々な対処法があるけれど、今年は足元用ヒーターでも、分厚いソックスでもなく、先日広島で見つけたこんなお酒をおすすめしてみようと思ってる。

みりんで作るお酒
「保命酒」

538080a85cb3a4d6a8bb7f8ef28e6c1d90500453

このお酒、広島県・鞆の浦地方でかれこれ約350年以上前から飲まれている薬味酒で、みりんに肉桂やシナモンなど十六種の薬味をつけて造られるもの。ベースが、「みりん」。なんて聞くと、なんだかやばそう…と思うでしょ。ところがこれ、甘くて、少しとろみがあって、結構美味しい(多分みんなが想像しているよりもずっと)。

618feb78b2d1cec0d3069a964780e35830a55ead

美味しさの秘密はまさにベースとなる「みりん」にあるとかで。みりんは、米麹の糖化酵素を使って掛米を糖化させて作られる。この時用いられる米麹を活性化させてやると、米本来の甘味や旨味(アミノ酸)を引き出すことができるという。

 

アミノ酸たっぷりの保命酒。お米由来の自然な甘さで美容や健康に良いとも言われ、ジュースで割ったり、アイスにかけたり、そしてレモンティーや葛湯と合わせて寒い夜に飲んでもよし。血行がよくなり、体もポカポカだ。

幕府はこのお酒で
ペリーをもてなした

2e446113b84091b0ce22b765f2b11a10487ab639

保命酒は、江戸時代、大阪の漢方医「中村家」の子息である中村吉兵衛氏が、薬草の買い付けのため船で大阪から長崎の出島に出かけた。その際に立ち寄った潮待ちの港・鞆の浦で、地酒であった「吉備の旨酒(みりん)」に手持ちの薬味を漬けて作ったのが、始まりと言われているそう。

甘いものが手に入りづらかった当時、保命酒は嗜好品として人気に。のちに幕府への献上品となり、重要な客人をもてなすのに用いられたり、諸大名間での贈答用に使われたりもしたとか。

 

その代表が、ご存知・ペリー提督だ。ペリーさんが黒船に乗って静岡県の下田にやってきた時、当時の福山藩主であり幕府の老中首座でもあった阿部正弘公は、接待酒として地元の『保命酒』を振る舞ったという。

その際の記録は、静岡県伊豆の国市で幕末の貴重な史料を所蔵する江川文庫の「下田御用日記」を収めた本「江川坦庵全集別巻」に、ちゃんと残っているらしい。

あの銀山の人も
坂本龍馬も飲んだらしい

931836a85f92f77c7ebcc2eed67cad12dc9006f0

また、鞆の浦は、島根の世界遺産・石見銀山から出航する船が立ち寄る港になっていた。船に乗って出かけて行く人たちは、見送る人たちに「保命酒をお土産に買ってきてー」と頼まれたりもしていたとか。世界有数の銀山で働く人たちの、元気の源だったのかも。

 

他にも、海援隊が乗った大洲藩の蒸気船「いろは丸」が、紀州藩の軍艦「明光丸」と瀬戸内海で衝突し沈没したという「いろは丸事件」の際、損害賠償交渉のために滞在した鞆の浦で、坂本龍馬が飲んだという説もあったりして、保命酒は、これ日本の夜明けに貢献したのかもしれない(やや強引か)。

だからもしかすると、友人の悩んでいる冷え性の夜明けにも貢献してくれるかも…。そんなことを期待して、この冬、彼女に保命酒を贈ってみようかと思っているわけなのである。

Licensed material used with permission by 岡本亀太郎本店
幕府を倒して、天皇の下に統一された国家が必要だと考えるようになり、薩長同盟を結ばせ、大政奉還という大変革を日本にもたらした彼の思想は、死してから150年経...
猫と坂道で有名な広島県・尾道エリアで、この地域を回廊のように巡る新たなアートフェス「海と山のアート回廊」が開かれる。それに先駆けて2017年9月16日から...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
サイズは23.5センチ、色はホワイトシルバー。一足いかが?
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
「体が冷えるということは血流の悪いところがある。つまり、体内のバランスが崩れている証拠。女性がよく生理痛や、頭痛、肌のトラブルなどに悩んでいるのは、冷えに...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
「この手紙を受け取ってくれたあなたも、幸福が訪れますように」——見知らぬ誰かの「水曜日」と、自分の「水曜日」を交換するアートプロジェクトとして話題になった...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
沖縄・那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750...
「たくさんの人がうどん食べに来てくれるけど、夜はみんな他の県に行ってしまう。夜も香川でおもてなししたい!」 そんな香川県の思いを叶えるべく、特産品である希...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...