世界初、海風に洗われた帆が「ジーンズ」になる。

みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけの色になっていく。それがデニムの最大の魅力だ。

そんなデニムの産地が広島県、福山市にあることをご存知だろうか? この地域では古くから備後絣という染物が盛んだった。その技術を受け継いだ「カイハラ」という企業が、70年代からデニム生地の生産を開始。いまや国内シェアは50%以上、海外の有名ブランドからも引く手あまたとなっているのだ。実は今年、そんな福山市の地場産業となったデニムを使った画期的なプロジェクトが行われていた。それが「旅するジーンズ Cruising Jeans」だ。

航海がデニムの表情を
変えていく

E86946389524a9cb3265c9ba737bdc00e0d0364fA9f625c9bff872d4ca4c46003673b25af571aa86

「カイハラ」は、デニム作りに必要な紡績、染色、織布、整理加工というすべての工程を自社で一貫して手がけている世界でも稀な企業。そのクオリティの高さは世界的に知られており、“カイハラデニム”は信頼の証となっている。

「旅するジーンズ Cruising Jeans」とは、デニムで作った帆を帆船に張り、航海をしながら生地にウォッシュをかけるというプロジェクト。海風にさらされ、強い日差しを浴び、雨に打たれる。そんな航海の日々を経て、デニムは次第に表情を変えていく。そうして出来上がった生地を使い、最終的にプロダクトに落とし込む。世界でも類を見ない試みだ。

このプロジェクトの第一弾をスタートするにあたり、デザイナーに選ばれたのが、俳優でファッションブランド「エルネスト クリエイティブ アクティヴィティ」も手がける井浦新さん。出航の時にはデニム帆船に同乗し、自ら帆を張り、舵も握った。

Bf60888a7fac79aee61f2bc4d1db5c62ae0256e1

帆を張る作業に挑む井浦さん。帆には、航海の安全を祈り、自らデザインした恵比須様のモチーフをあしらった。

E81706fb950f8e764a31a36880b89008e90b7e67

瀬戸内海を進むデニム帆船「Ami号」。海風を帆にたっぷり受けている。通常の帆よりも薄手だが、航海に支障はないという。

「長い航海を経て育ったデニムが、一体どんな表情を見せるのか想像もつきません。今までにない試みだけに、その結果は誰も知らない。だからこそやる意味がある。今回は、そんな特別なデニム生地を使って、ものづくりまでさせていただけることになりました。

だ、帆に使われているデニムの面積は限られていますし、大量生産は不可能です。ジーンズにしても数本しか作れないかもしれないし、ほぼ1点ものみたいなアイテムばかりになるかもしれない。そんな希少なデニム生地を使うからこそ、手作り感のある丁寧なプロダクトを作ってみたいですね」

と井浦さん。

デニム帆船は今年の7月23日に福山市の境ガ浜を出航し、8月28日に1ヶ月以上の航海を終えた。そして、味わい深い表情の生まれたデニムの帆を解体し、ものづくりが進められている。その一部を、「CAMPFIRE」が新たに手がけるファッション特化型クラウドファンディングサイト「CLOSS」で先行予約可能だ。

福山市の伝統に育まれ、日本の自然に磨かれたデニムで作られたアイテムは、きっと大切な宝物になることだろう。

058187ac08117fe9c9ce2fc9e2342be87be038f434fa313fde3a4c8eaed93ad67ae264a2dc308f241ca90f45608c197c17c4aaceddab09d7a2b8dd2b

デニムにするにはもったいない、と言われるほどの高級コットンを使ったカイハラデニム製のオリジナル。右後ろのポケットには、金刺繍のロゴが入る。

F5adf39e254ff2dc5bf23fe0e167bd5b0b423b37

クルーズウォッシュしたデニム生地をポケットにあしらったTシャツ。ホワイト、淡デニム、濃デニムの3色展開。

Ed997ba8fb11b525c4d944def63975217cfc0ff2

こちらは帆を作った時の残布で作ったデニムスリッポン。ヒール部分はスエード仕様で素材感の違いを楽しめる。

77d664e0f5a9f60a5bd1e82f76aa3357d1551dbe

開口部には、帆に使われた金具をそのまま使うなど、こだわり溢れたトートバッグ。

C1c2e619f08d219369b76bcd8fad4f1282d4615b

上の3色のデニム生地は航海前の写真。それぞれに、味わい深いデニムに育っていると言う。完成品が楽しみだ。

Licensed material used with permission by カイハラ株式会社
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
ガンツウは、瀬戸内海沿岸の景勝地を漂泊しながら周遊する宿泊型の客船。広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを発着地とし、宮島・音戸の瀬戸付近、直島・犬島など...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。せっかくなので、愛知・瀬戸市に...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
2015年9月1日、広島県が「世界初」の手法で地域PRを始めました。何が初めてって、その“視点”。にゃんと、ヒトではなく、ネコの目線で街の魅力が紹介されて...
「がんす」は広島市草津町あたりの方言で「〜です」「〜でございます」という意味。広島名物の「がんす」はいわゆる揚げかまぼこの一種で、魚のすり身と玉ねぎを程よ...
瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...
以前、TABI LABOでも紹介した「guntû(ガンツウ)」。瀬戸内海を周遊する宿泊型の客船で、ついに2017年10月17日(火)に就航するそうです。一...
山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風に...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...