履かなくなったデニムを「画材」にするというアイデア

ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワークを体現するアーティストがいた。

とてもデニムだけでつくられているとは思えない。

デニムのもつ表情を
そのまま画材にする

ロンドン在住のアーティストIan Berryは、一つとして同じ色味のないデニムの山から、濃淡を合わせて裁ちバサミで断片を切り出していく。いわゆる“切り絵”をデニムのグラデーションを用いて仕上げていくのが、彼独特の技法だ。

もう履かなくなったものを友人たちから譲り受けたり、古着屋をめぐったり、探している色に出会えないときは、新品のデニムをわざわざ購入することもあるという。そんな彼のアートワークを知ったアパレルメーカー「PEPEJEANS LONDON」が、ここ数年はリサイクルされたデニムの提供を名乗り出てくれたそう。

ベルトポケットから裾のステッチ、ベルトまで、それぞれのパーツを巧みに生かし、インディゴブルーの濃淡とともに作品に抑揚をつけていくIan。

では、彼の作品を一つひとつ見ていこう。

デニムと等しく
“味”のある作品

無数の履き手の記憶を
ひとつの作品に留める

いったい、作品を仕上げるのにどのくらいの時間を要するのだろう。Ianに尋ねてみた。

──ものにもよるけど、数週間かそれ以上。たとえばこのランドリーの床をつくりあげるだけでも3週間を費やしているんだ。洗濯機のドアのリングだけでも、1つ仕上げるのに丸1日とかね。もう散々切りっぱなしにしたデニムの山から、その色に合ったものを見つけ出し、断片を切り出していく。自分でやっていながらイライラする作業さ。

そして、どうしても聞きたいこの質問を最後にしてみた。なぜデニムだったのか、と。

──履き心地が良くて、いつも自分でいられるデニムがとにかく昔から大好きだったんだ。ある日、久しぶりに実家に戻ると、自室で山のようにうず高く積み上げられたデニムを見たとき、その1本1本に当時の自分が重なって、大切なメモリーであることに気づいたんだ。たとえもう履かなかったとしても、そのまま捨ててしまうなんてもったいなくてね。

作品は公式サイトでチェックを。

Licensed material used with permission by Ian Berry
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
代官山、表参道ヒルズ、GINZASIXにも出店中!今、注目のオランダ発のデニムブランドDENHAM〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町25−8https...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
トレイルランニングをベースにしている〈Mountain Martial Arts(マウンテンマーシャルアーツ)〉。「MMA Denim Run Pants...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
現代女性の生き方のヒントとなる記事が並ぶ「Elite Daily」の人気カテゴリWOMAN。たまに、こんな刺激的な記事も登場するのが魅力です。女性ライター...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
昨日も紹介した中野ブロードウェイ。この日本一マニアックなビルは、サブカルの聖地というだけではなく、古着屋の聖地としての魅力もある。フライトジャケットやブー...
ロンドン出身のBenjamin Shineは、チュールを使ってポートレートを制作することで知られるアーティストだ。彼の作品は多くの人を魅了し、2017年に...