溶接ワークショップFe★NEEDSの「カラダを守るエプロン」

味、サービス、雰囲気、客層……お店の価値をそれだけで決めてもらっちゃ困る。街は百花繚乱、目を奪われるエプロンだらけ。わざわざ店まで足を運ぶ価値はここにだってある。

というわけで、働く人たちのアガるエプロンをじっくり拝見。ついでに教えて!そのエプロンどこのですか?

©YUJI IMAI

ヴィンテージデニムに開いた穴
Fe★NEEDSのエプロン

スチールや溶接を身近に体験できるアイアンワークショップFe★NEEDS中目黒店。ここのエプロンがとにかくカッコイイ。一見すればただのデニムエプロン。されど素材も、シルエットも、溶接加工ならではの用途がデザインに落とし込まれた秀作だ。

インストラクター桑原康介さんの2年もの。まずは裏地からご紹介。

©YUJI IMAI

茅ヶ崎のジーンズショップtouch is loveに特注したエプロンは、一反もののヴィンテージデニム生地からつくられたもの。セルビッチに走る赤耳がその証拠。何往復もミシンがけした肩紐は、デザインと補強を兼ねたつくり。おまけに、自然とカラダに巻きつくシルエットになるよう裁断された生地にも工夫を感じる。

愛用のエプロンに袖を通すと、いつも通りの溶接作業が始まった。バチバチという乾いた音とともに散る火花が、藍色のエプロンに当たっては跳ね返ってくる。

「生地としての強度があるので瞬発的なものは弾きますが、デニムといえど、ずっと当たっていると焼き焦げます。化繊だったら一瞬で穴が開きますけどね」。

この火花と向き合いうこと2年。使い込まれたデニム特有の貫禄が備わった。よく見れば作業台に据える左脚の方だけ、エプロンもダメージを受けている。焦げ跡がシミのように付着したもの、それを通り越すとデニムに銃痕のような穴が開く。

「縮みや色落ちもあります。そりゃデニムですからね。きれいに使ってパリッとしてるのも可愛いんですが、程よく色が落ちてシワができて、ヴィンテージっぽさが増してくるとまたいい」。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

ファッションと保護性
ギリギリの融合

溶接加工という言葉から連想するワークウェアといえば、マニュファクチュアルで地味なツールを想像していた。誤解を恐れずに言うなら“工場のおっさんっぽさ”。ところが、どうだ。ファッションとしても成立するではないか。

専用エプロンに必要なものとは何なのだろう? Fe★NEEDSを企画する鈴木太一さんの口から意外な言葉が返ってきた。

「僕らにとってのエプロンは保護具なんです」。

飛び散る火花と向かい合っての作業。エプロンに限らずグローブも、光や粉塵から目や顔を保護するヘルメットも、すべてこれに耐えうる設計。当然ながら安全性が優先事項。その上でのおしゃれやデザインと線引きが明確だった。

「オーダーメイドですからポケットのマチを広くとったり、遊びの要素はいくらでも加えられる。だけど、すればするだけカラダとエプロンに隙間ができ、それだと結果的にカラダを護ることができません。だから、おしゃれも機能性もミニマルがちょうどいいんです」。

汚れないため。エプロンの目的はひとつじゃない。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

脱ぎ着せずとも作業によって長さを調節しやすいよう、肩紐はオーバーオール風にループフックとスライダーバックルを採用。

©YUJI IMAI

touch is love
ヴィンテージデニムから自分だけの愛ある一本に仕上げてくれる、茅ヶ崎のジーンズショップ「touch is love」。エプロンはFe★NEEDSによるオーダーだが、相談は可能。

取材協力:Fe★NEEDS Welders Point

Top image: © YUJI IMAI
はたらく人のエプロンに注目です!

関連する記事

ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
ともに年を重ねていく。一生モノのエプロン。とにかく、そのこだわりがスゴい。そのぶん価格もすごい。(一般販売予定価格3万4800円)よほど共感できる人でなけ...
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
家に眠るジーンズをエプロンにアップサイクルしてくれるプロジェクト「デニム再生物語 DENIM REMAKE」が「Makuake」に登場。長年愛用したジーン...
まさに変幻自在。ベストやエプロンに変化する「トートバッグ」が登場した。
VERVE COFFEE ROASTERS鎌倉・雪ノ下店とTAYLOR STITCHによるコラボエプロン。
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
キッチンで定位置があるようでないのがタオル。いつもどこに行ったか行方を探す人にオススメのタオル一体型エプロンを和田率さんに紹介してもらいました。
「長田工業所」が自社の工場を開放して作った、溶接や金属加工で遊べて学べる溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」が、2、3号店をそれぞれ栃木と神奈川にオー...
そういえば、エプロンも、クロスも、ナプキンも、いつもバラバラ。という人たちに向けたトータルコーディネートの提案です。
福岡「オカモト商店」の3代目が新たに立ち上げたブランド「g」が、久留米絣の製造を担う11の機屋と共に作り上げた、一日中着ていたくなる、そしてファッション感...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾は中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの、理解を超え...