テーブル周りにシンプルな「統一美」を

お気に入りのお皿や器とカトラリーのコーディネートまでは気が回っても、エプロンやナプキン、あるいはテーブルクロスまでトータルでコーディネートできる人は、かなりの熟練者。だけど、そこの選びも利くと食をとりまく環境って、ぐんとよくなりますよね。

エプロン、クロス、ナプキン
合わせる“愉しみ”

派手な柄ではないけれど、柔らかな曲線とレースのような装飾。くぼみには、それぞれカトラリーがきちんと収まる設計。これならテーブルマナーが自然と身についてしまいそう。

リネンやコットンのほか、PVCやゴム素材も用いてテーブルクロス、ナプキン、エプロンなど、「食」のシーンにおけるテキスタイルをトータルでデザイン。Nadine Goepfertのテキスタイルは、落ち着いたカラートーンで、シンプルながら、この他にはないこだわりのデザインが特徴です。

テーブルクロスと同じ素材を使った独創的なナプキン。食事の場にも“身にまとう”気遣いをもったデザインに心躍ってしまいそう。

ツートンのエプロンも同一のコンセプトのもとデザインされています。

ともすると、油汚れやシミのように生活感がべっとり染みついてしまうのがキッチンですが、クロスの選びひとつでも表情をつくりあげることはできますよね。

Nadine Goepfertのテキスタイルは、こういった生活のなかに凛とした統一美を持たせるアイデアを教えてくれた気がします。

自分好みでそれぞれチョイスするテキスタイルもインテリアの楽しみですが、こんな感じでセット購入もいいですよね。Nadine Goepfertで検索してみてください。

All Photo byIna Niehoff
Licensed material used with permission byNadine Goepfert
新宿生まれのクラフトビールが飲める醸造所併設のビアバー&カジュアルダイニングY. Y. G. Brewery & Beer Kitchen〒151-005...
使いたいときだけ登場する「サンカク」これを組み合わせると、ローテーブルに!
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
都心のタイニーハウス在住男子としては、やっぱりイケてる家具を揃えて、かっこいい大人を演出したい!それでいてできるだけ広々とした空間は保ちたいし…。
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
あのニール・アームストロング船長の名セリフを噛み締めながら、ただじっとながめていたいテーブルです。