ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。

らせん階段を上っていると、ときどき自分が今どこにいるのか見失います。

確かに上へと足を運んでいるはずなのに、永遠に目の前の階段が終わらないような、そんな想像をしてしまうことがあります。こうしたらせんの階段も、今じゃだいぶ珍しくなりましたよね。

写し出されているのは、無限

ブダペストに建つバウハウス、アール・デコ調のらせん階段を、上から下から撮影したフォトシリーズ「Time Machine」。どこまでもうねり続く階段を上り下りするときの、あの途方もない心境が、視覚となって現れてきませんか。

ひと口に“らせん”と言っても、写真にもあるとおりその形状は実に様々。フォトグラファーBalint Alovitsによると、すべてが1930年〜40年代に造られたものだそう。日常から一歩距離をおいたような、どこか物悲しささえ覚える景色。

世界の始まりの瞬間を、考えたことはありますか?

時間は、いつからそこにあったのでしょう。

宇宙が始まるずっと前から?

時間の始まりは、

そしてその終わりは、いったいどこにあるのでしょう。

永遠なんてないという人もいます。

すべては有限であると。

でも、「TIME MACHINE」と名付けられたこのフォトシリーズを見ていると、そもそも終わらないものとはなんなのか?なんて考えたくもなります。

まあ、それ自体だって錯覚のようなものなんでしょうけど。

 

Photographer:Balint Alovits
Facebookはこちらから
Instagramはこちらから

Licensed material used with permission by Balint Alovits
夢の中に階段が出てきたことはないでしょうか。階段は身近に存在するものですし、それほど気にならないかも知れません。しかし、夢に出てくる階段は、人生の状況を示...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
「住まい」の話をするとき、賃貸と購入はどちらが得かであったり、インテリアやリノベーションの仕方についての話になることが多いもの。しかし、世界がつながり始め...
写真をみてください。このどこまでも続いているなが〜い階段。まるで…雲の向こうまで行けちゃいそう!晴れた空にス〜っと伸びていっています。どうやら海沿いの街に...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
Janaina Mello Landiniさんのアートは、1本のロープを細く割いて制作されたものです。その完成形は、人体に張り巡らされた毛細血管のよう。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
歴史も国も違う文化が見事に融合したトランプで七並べでもしながら、1つひとつ手にとってじっくり絵柄を楽しみたい
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
写真に写っているのは、体に巻き付いた太いロープ。そしてその先端には…電球。この「Fauna Lamp」は、自由自在に曲げられちゃう一風変わったランプなんで...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...