このペグは「地面に垂直に打つ」が正解!

テントやタープを張るときのペグ打ち。コレひとつで“キャンプ慣れ”しているかどうかがわかるもの。

用途や強度によって種類はあれど、一般的にペグ打ちと言えば、ガイロープ(張り網)が引っ張る方向とは逆に傾けて地面に打ち込むもの。

それが……どう、見て。地面に垂直に刺してるじゃない!

©Makuake
©Makuake

航空機の部品にも使用される、強くて強靭なジュラルミン仕様の「Flepeg(フレペグ)」は、静岡県浜松市の精密切削部品加工メーカー(有限会社太悦鉄工)が開発したもの。

さて、たんに強靭なペグならば世にいくらでもある。

「キャンプ用フレペグ」が唯一無二なのは、材質とともにペグの形状だ。ペグ自体がらせん形状をしているため、地面にただまっすぐ打ち込むだけで、自然にくるくると回転しながら地中に入っていってくれる。

このらせん形状が地面と密着。抜けにくい形状でありながら簡単に挿入できて、ペグとしての強度も申し分ない。まさしく「Flepeg」と地面は、ボルトとナットの関係に。

何が言いたいかって、結論キャンプに慣れてなくても、ペグ打ちに自信がなくても、ただまっすぐ地面に向かって打つだけで、まずはガイロープが固定できる安心感。もちろん、その後テンションをかける必要はあるけどね。

全長195mm、ついでに「Flepeg」の重さはタマゴ1個分(約60g)よりも軽い1本56g!4色展開とカラバリも豊富。

応援購入サービス「Makuake」の超早割(一般販売予定価格の10%OFF)を使えば、4本セットが7740円(税込)から。キャンプシーズンが本格化する4月後半までには届く!

©Makuake

ジュラルミンペグ「Flepeg」

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/camp-flepeg/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
「第二次キャンプブーム」とも言われている昨今。「テント」も多種多様なものが登場。もちろん寝床としての機能を備えながら、あわよくば新しい働き方であるテレワー...
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
肩に背負う重い荷物。テントを張る手間。そんなキャンプ初心者にとっての面倒をなくしてくれるアイデアがある。それが「Scout」が提案する自転車一つでできるソ...
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。