ついに日本上陸!自動車との連結で「リビング空間」が生まれる「テント」

ハッチバック車に設置できる画期的なポップアップテント「CARSULE」が、いよいよ日本に上陸する。キュービック型のそのビジュアルはまさにリビングルーム。アウトドアに快適な居住空間を提供してくれる。

最大の特徴は、高さ2mのキュービック構造と、大きな3面の窓。見た目はコンパクトだが、通常のテントと異なり、デッドスペースが少なくテント内は広々。メッシュスクリーンが付属しているので、虫の進入を防ぎつつ、心地よい風や景色を楽しめる。

就寝時や悪天候のとき、また着替えの際などは、しっかりと窓を閉めることができて安心だ。

気になる設営も、慣れれば最短5分程度。また、UVカット素材の使用、厚さ4mmの極厚カーペットなど、室内を快適に過ごすための工夫が多数施されている。

先行して販売されているアメリカや台湾と同様、日本でも話題を呼びそうなポップアップテント「CARSULE」の先行予約販売は、クラウドファンディングサイトにて今年9月上旬頃に開始するとのこと。

詳細は、下記の日本正規代理店の公式サイトにて。

©2020 HNY Trading
©2020 HNY Trading
©2020 HNY Trading
©2020 HNY Trading

HNY Trading(日本正規代理店)』

【公式サイト】http://hnytrading.com/valcarsule

Top image: © 2020 HNY Trading
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事