米クラウドファンディングで1億円を集めた「ソロテント」

開放的な自然の中で過ごせるキャンプは、コロナ禍にあっても大人気。けれどそのキャンプシーンでも、やっぱりソーシャルディスタンスを気にしないわけにはいかない。こと就寝時のテント内ではなおさら。

そんな折、イスラエルからソロテント「RhinoWolf2.0(ライノウルフ)」が日本初上陸。現在、クラウドファンディング(kibidango、GREEN FUNDING)にて先行販売中だ。

©株式会社iiy
©株式会社iiy

さてこのテント、「プライベート空間を確保できる」「密を避けられる」と期待される、ある特徴が人気を博している。それが、ソロテントでありながら連結もできるという点。

「RhinoWolf2.0」同士であれば、普段は前室となるシートを巻き上げ、ループジッパーを使っての連結が可能。プライベート空間を保ちながら、相手を身近に感じることができる設計というわけ。

©株式会社iiy
©株式会社iiy

ところで、イスラエルの元軍人が開発した「RhinoWolf2.0」、軍隊での経験を活かし設営撤収が簡便にできる設計で、かつテント寝袋マットレスを標準装備したオールインワンモデルというから驚き。

もちろん、ポールやペグも付属されていて、重量はたったの3.3kg。収納時のサイズも約20cm × 20cm × 40cmとかなりコンパクト。単体使用を考えても、これはアリでは?

ソロテント購入を考えているなら、キャンプ仲間に声をかけてみてもいいんじゃない?一般販売価格は3万9800円(税込)。「kibidango」「GREEN FUNDING」ともに数量限定ながら先行割引の特典付き。

Top image: © 株式会社iiy
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
「第二次キャンプブーム」とも言われている昨今。「テント」も多種多様なものが登場。もちろん寝床としての機能を備えながら、あわよくば新しい働き方であるテレワー...
肩に背負う重い荷物。テントを張る手間。そんなキャンプ初心者にとっての面倒をなくしてくれるアイデアがある。それが「Scout」が提案する自転車一つでできるソ...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
フランスのアウトドアメーカー「デカトロン」が発売するテント「2 Secondsシリーズ」。“いかに簡単に建てられるか”という命題を探究し続け、2秒で建てら...
野外フェスの参加者の4人に1人は、自分が持ってきたテントをその場に捨てて帰るそう。そのため「KarTent」は、少しでも状況を改善するためにダンボール製の...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
自分の睡眠の質を上げるだけでなく、一緒に眠る人たちも幸せにできる“いびきエチケット”アイテムが、応援購入サービス「Makuake」にて予約販売中だ。