食べる、寝るも可能な「水中テント」

ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。

山に持っていくように海の中に持ち運びができて、膨らますことで生活空間をつくれるように設計されています。

テント内では、二酸化炭素を除去する換気扇などの生命維持装置が使われる予定。おかげで、ダイバーが食事をしたり睡眠をとったりできるとのこと。

減圧をする際にも役立つことに。

一般の人々が使うことはないかもしれないけど、ちょっとロマンのある開発です。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
ハッチバック車に接続できる画期的なポップアップテント「CARSULE」が、いよいよ日本に上陸。キュービック型のそのビジュアルはまさにリビングルーム。アウト...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
野外フェスの参加者の4人に1人は、自分が持ってきたテントをその場に捨てて帰るそう。そのため「KarTent」は、少しでも状況を改善するためにダンボール製の...
「JETMINMIN」の「FOLLOW-58」は、愛知県のテント屋さんからストックの供給を受けて制作したビニールテント素材のトートです。
「自宅には誘惑が多すぎる…」「家族がいて一人になれない」など在宅勤務の悩みを解決できる革命的なテントが登場!
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
「第二次キャンプブーム」とも言われている昨今。「テント」も多種多様なものが登場。もちろん寝床としての機能を備えながら、あわよくば新しい働き方であるテレワー...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって...
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
独自のシステム「デュアルエアバッグ」を搭載し、理想的なウォーキングを実現するインソール「AIR FLOW」が「Makuake」に登場。
47都道府県の厳選されたお茶が毎月届けられるサブスクサービス「O-CHA」が「Makuake」にてローンチ。
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
フランスのアウトドアメーカー「デカトロン」が発売するテント「2 Secondsシリーズ」。“いかに簡単に建てられるか”という命題を探究し続け、2秒で建てら...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテン...
アウトドアといえば、どう考えても夏のイメージ。寒さゆえ外で過ごす機会が減ってしまう冬は、はっきり言って不向きでしょう。でも、こんなグランピング体験なら話は...