「繋げるテント」の楽しみ方。

RhinoWolf」は、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になっているので、荷物は減るし快適に過ごせそう。

でも、小さくて手軽なだけじゃないのが、このテントの面白いところ。実は上の写真、複数を「繋げて」いるのです。

いくつも繋げて
大きなテントに!

このように横にどんどん繋げて、大きなテントにすることができるんです。

キャンプに参加する人数は、その時々によって違うもの。だから場合によっては、丁度いい大きさのテントがないことも。でももしこれを持ち寄れたら、人数にピッタリのテントを用意できます。仕切りをジッパーで閉められるので、プライバシー面にも配慮。昼間は繋げてワイワイ、寝るときは落ち着けるようバラバラに、なんてことも可能です。

カラフルな生地が繋がった見た目も、なんだかかわいいかも。

畳んだらこの通りコンパクトに。テント+エアマットレス+寝袋の3in1で重量は2.5kgととっても軽量です。

エアーマットレスは、15回程度息を吹き込むことによって膨らませることができるそう。必要な支柱も1本で組み立てられるようになっているので、アウトドア慣れしていない人でも簡単に設置ができるという。

決して本格的なテントというわけではないけれど、これがあれば気軽にキャンプに出かけられそうだし、野外フェスでみんなで繋げても楽しいでしょうね。

価格は299ドル(約3万3千円)で、「Indiegogo」で資金調達中です。

Licensed material used with permission by RhinoWolf

関連する記事

イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
「第二次キャンプブーム」とも言われている昨今。「テント」も多種多様なものが登場。もちろん寝床としての機能を備えながら、あわよくば新しい働き方であるテレワー...
ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
野外フェスの参加者の4人に1人は、自分が持ってきたテントをその場に捨てて帰るそう。そのため「KarTent」は、少しでも状況を改善するためにダンボール製の...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
フランスのアウトドアメーカー「デカトロン」が発売するテント「2 Secondsシリーズ」。“いかに簡単に建てられるか”という命題を探究し続け、2秒で建てら...
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
いつでもどこでもパパッと振りかけられるタブレットケース型の青花椒「金の太陽花椒」。
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...