突き詰めていくとキャンプに「テント」は不要ということか…

アウトドアがまたひとつ難解になった。

週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカーのツールがウルトラライト化している流れや、ファミキャン(ファミリーキャンプ)ブームで近郊のオートキャンプ場が大賑わいしたり、ゆるキャンが台頭したり、ごくライトな周辺情報だけは定点観測してきたつもり。

だけど、これは実際どうなんだろう?

ハンモックで「寝る」は
本当にイケてるのか?

もはや、テントすら不要ということか?

トレッキングにしろ、キャンプにしろ、荷物は1kgでも軽いに越したことはない。これは万人に共通する意見だし、だからこそのウルトラライトなわけで。ところが最近のアメリカのハイカー事情は、テントすら持ち歩かずにハンモックで寝てしまうらしい。TENTSILE(テントサイル)の話をしているんじゃない。マジなハンモックだ。

だって、雨は?虫は?いや、もっと言えば野生動物に襲われないとも限らない。さすがにタープや蚊除けでもなければ、不安でおちおち眠ることもできなくない?なんて考えている時点で、「フィールドに立つ資格なし!」とフリークたちに落第点を押されても仕方ない。

だとしても、である。そもそもこれ小休止が目的なのか、それともここで一晩過ごしてしまえるのか、その立ち位置すら微妙じゃないか。

「最高の寝ごこち」とは
どこにあるのか?

20D(デニール)のポリエステル製、呼気を入れて膨らませるタイプ。重量わずか765gと抜群に軽い上にコンパクト(価格は約15,700円)。※ハンモックは別売り

地面に接していなくても、山の夜はとにかく冷える。そこをスリーピングバッグ(寝袋)ひとつでは、夏場だってキツいはず。その問題を取っ払ってしまったのが、KLYMIT社のハンモック専用スリーピングマット「Hammock V」。

このマット、人間が収まったときにできるハンモックの形状にちゃんと沿うように設計されているだけでなく、頭部と足元がズレないよう、特殊加工を施しているらしい。

本来ここで紹介したいのは「アイテム」よりむしろその「スタイル」ではあるんだけれど、ハンモックを選ぶユーザーのため、こうして現にプロダクトになっていることからも、需要があることは明白。 

なんだかもう…、

いや、そもそも寒くないのか?

そうか!カラダの下に「敷く」というより、「覆う」感覚。なるほどこれならば大地からの冷気はある程度遮断できそう。まあ今のシーズンなら寝袋があってもまだ寂しい。…という懸念点だってくつがえす。

断熱素材でできた「Insulated Hammock V」は、アウトドア情報の信頼性が高いと、多くのファンを抱える「GearInstitute」が推薦する、2017年度ベストギアに選出されたシロモノ(価格は約19,000円)。

こうなるともう、ハンモックが寝床の選択肢のひとつに位置していることを疑う余地はない。この波に遅れまいとするほうが、もしかしたら正しのかも。

結局、キャンプの醍醐味って
ナンダ?

もとより自然の中に放り込まれたら、雨だの虫だのがその一部なわけで、そんなことに気を揉むよりも、成るように成るを楽しむくらいでないと、本当の意味での解放感を得られはしないんだろうな。

とにかく、いっぺんやってみたい!

こんなことを考え始めると、だったらそもそもハンモックすらなくてもいいじゃん、なわけである。結局どっちなんだ、で答えがでないから悩ましい。

ああ、世のアウトドア好きのみなさんの声を赤か青のハートのマークで聞かせてください!こんなハンモックキャンプ「やってみたい!」、それとも「う〜ん…」。

Licensed material used with permission by Kyle Jeffreys

関連する記事

魔法瓶のような保温力が持続する「魔法瓶ブランケット」を紹介。これがあれば冬の寒さに負けずにキャンプが楽しめそう。
イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
自宅の庭などでも楽しめるキャンプ&BBQアイテムをまとめてご紹介する。「キャンプ&BBQ」の本格シーズンが到来するも、海や川、山への外出はまだまだ抵抗があ...
「Recamp」はキャンプ場をサテライトオフィスにする企画「office to go」を立案。その一環として、現在キャンプ場でのテレワークが500円で可能に!
「McLean Metalworks Hammock Mount」は自動車の牽引フックに取り付けるハンモック。
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
ハンモックといえば夏。リゾートでの読書や、おしゃれな部屋のソファ代わりなどで使い、決してキャンプの必需品には成りえませんでしたが、昨今ではハンモック型の本...
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
「LOGOS」より登場の「ソーラーブロック トップシート」は、テントに被せるだけで強烈な日差しを遮り、日向と日陰で15℃の気温差を生み出す。UVカット99...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
肩に背負う重い荷物。テントを張る手間。そんなキャンプ初心者にとっての面倒をなくしてくれるアイデアがある。それが「Scout」が提案する自転車一つでできるソ...
キャンプをしてみたいけど、道具がない、きっかけとなるキャンパーが周囲にいない……そんな人にぴったりのイベントです!『クライムオン!!2016』で楽しむ“ほ...
長野県・野沢温泉村をフィールドにする自給自足キャンプ「LIFE FARMING CAMP in NOZAWA-ONSEN」では新しいラグジュアリー体験を得...
いつでもどこでも手軽にハンモックが楽しめるバックパック「HackedPack V1.1」が応援購入サービス「Makuake」で今月27日まで特別価格で購入...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
1938年の創業以来、オリジナリティに長けたイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続ける「コロンビア」より、秋冬のキャンプ向けアパレルコレクションが発売。
メスティン最大のネガティブ面「焦げ付き」を徹底的に解消した、アウトドアブランド「ThiOuThe LIFE(シアザライフ)」のメスティン。
中央アジア・ウズベキスタンやトルクメニスタンを15日間かけてまわるフォトツアーにビックリ。その目玉スポットがスゴいんです。
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
「HELLY HANSEN」がアウトドアシーンでの“キャンプ”や“焚き火”などの活動を想定したウェアを今月中旬発売。
家庭でもアウトドアシーンでも、手間も時間もかけずにサッとつくれておいしい海苔の活用法をご紹介。
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
フランスのアウトドアメーカー「デカトロン」が発売するテント「2 Secondsシリーズ」。“いかに簡単に建てられるか”という命題を探究し続け、2秒で建てら...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...