キャンプ界の革命児「テントサイル」から新モデル発売。アウトドアの常識を変える!

これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テントサイル」。以前TABI LABOの記事でも紹介し、その斬新なデザインから話題となりました。

th_スクリーンショット 2015-07-09 19.26.55

3本の木にひもで固定して設営するため、地上から浮いた状態でキャンプを楽しめます。これが、ハンモック型テントや空中テントと呼ばれる所以です。

tree-tent-6

そんなテントサイルから新しいモデルが発売された、と米メディア「boredpanda」で話題になっています。その名も「トリロジー」、6人用の大型空中テントです。tree-tent-5

トリロジーは、2人用の空中テントを3つ繋げることで6人がくつろげるスペースができるというもの。大勢の友だちとキャンプにいきたいという方や、大家族にピッタリ。
tree-tent-6tree-tent-6tree-tent-8テントサイルの日本の公式HPによると、トリロジーの価格は288,000円(税込)。ちなみに二人用のテント、コネクトツリーの価格は108,000円(税込)です。

tree-tents-hammocks-camping-shelter-tensile-tentsile-7

このテントサイルがなぜアウトドアの常識を変え、テント界の革命児と世界中で注目されているのか。その秘密を紹介していきましょう。

01.
地球上
すべてが遊び場になる

tree-tent-7

木が3本あれば、雪山の中だって、ビーチリゾートだって、サファリパーク(!)にだって設営できます。

02.
虫や動物から
守ってくれる

th_スクリーンショット 2015-07-09 17.10.57

テントの中に侵入してくる虫の数は地上よりも少ない!さらに、ヘビなどの野生動物が入ってくる心配もありません。どんな場所でも安心して過ごせるのです。

03.
美しい夜空も
自分一人だけのもの

th_スクリーンショット 2015-07-09 19.27.15

テント上部がすべてメッシュになっていて、シースルーのつくりになっています。そのため、夜空もハンモックのように揺られながら星空観察だってできます。

04.
環境にも優しい

th_スクリーンショット 2015-07-09 19.57.51

テントサイルを購入すると、テント1つにつき3本の木を植林しています。環境にも配慮していて抜け目がありません。

その革新的なアイデアから、ミュンヘンで行われた世界最大のアウトドアイベント「IPSO BrandNew award」で、2015年にグランプリを受賞しました。
今までは地上のものだったテントを空中へと導き、キャンプに新しい魅力を与えてくれたテントサイル。さらに詳しい情報は、日本の公式HPで。

Licensed material used with permission by Tentsile

アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって...
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
「McLean Metalworks Hammock Mount」は自動車の牽引フックに取り付けるハンモック。
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
アウトドアに出かけて、美しい自然の中でハンモックに揺られる。憧れる光景ではあるけれど、設営のために場所を選ばなきゃいけないのが難しいところ。そんな問題を解...
ハンモックといえば夏。リゾートでの読書や、おしゃれな部屋のソファ代わりなどで使い、決してキャンプの必需品には成りえませんでしたが、昨今ではハンモック型の本...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテン...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
キャンプをしてみたいけど、道具がない、きっかけとなるキャンパーが周囲にいない……そんな人にぴったりのイベントです!『クライムオン!!2016』で楽しむ“ほ...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
「Newton Espresso」は、一切電気を使わないエスプレッソマシンです。熱いお湯さえあれば、キャンプ好きな人には、ピッタリな製品でしょう。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...