【これは欲しい】カタチを自由自在に変えられる「ドーナッツ型テント」

せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって最近では、ワンタッチ式の簡易テントも人気のようです。でも、このテントなら、そんな煩わしさから解放されるだけでなく、キャンプ場で一番の注目を浴びること間違いなし!

CompPhotoLow_1_409861600

円筒形のドーナッツ型テント「Camping Doughnut」をデザインしたのは、韓国・龍仁大学に通う学生3人組。このテント最大の特徴はその汎用性にあります。従来の折りたたみ式の概念を覆す、キャンプシーンに合わせて4パターンに組み替え可能な優れもの。

米情報サイト「Mental Floss」が紹介する記事によれば、2014年、デザインの登竜門「Spark Award」で、決勝までノミネートされた「Camping Doughnut」。惜しくも最優秀賞は逃したものの、独創的なアイディアに注目が集まり、現在発売に向けて改良中なんだそう。

 

CompPhotoLow_3_409861600

アルファベットの「C型」「I型」「O型」「S型」の4タイプに形状を変えることで、まったく違った用途が生まれます。たとえば…一直線の「I型」に使用する場合、2つのプライベートルームに共有リビングルームが1つ。2名〜4名の使用に最適。
半円形の「C型」の場合、3方向に窓を開けられます。テント前面には広いスペース。キャンプファイヤーなどには十分なスペースが確保できます。
すっぽりドーナッツ状になる「O型」は、テントの中心部にプライベートな中庭空間が出現します。これなら風よけにもなるので、木々が周りにない平地での使用に最適。

CompPhotoLow_2_409861600

最後は、ふたつのテントがちょうど反対向きとなる「S型」。たとえば、2家族でキャンプに出かける際でも、これ1つあれば、きちんと区分けしたスペースが確保できます。テーブルや椅子を出してくつろぐエリアも2カ所に展開が可能。

キャンプ時の問題点のひとつが、風に左右される火の管理ではないでしょうか。強い風の中では料理もたき火も苦労します。その点、「Camping Doughnut」は上部の写真からも分かるように、人の背丈ほどの高さがあるチューブが風よけとなり、キャンプファイヤーやBBQの火が影響を受ける心配もなさそう。浜辺に設置しても大丈夫のようです。

CompPhotoLow_3_409861600 (1)

ところで、いったいどこくらいの大きさなの?相当のサイズを予感させますが、円筒を収納していくとだいぶコンパクトにまとまるようです。もしも、トランクルームが一杯でも、これなら安心ですね。
多様で居心地のいい空間が得られる「Camping Doughnut」がキャンプ場に登場する日は、そう遠くないかもしれませんよ。

 Reference:Mental Floss
Licensed material used with permission by Yanko Design

これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
「McLean Metalworks Hammock Mount」は自動車の牽引フックに取り付けるハンモック。
アイスランドで有数のトレイルコースに建つ山小屋です。先に言ってしまいますが、オシャレー!
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
あえて誤解を恐れずに言うならば、近ごろ流行りのグランピングとは“対極”にあるテント。そう言い切ってしまえるのは、この「クレイジーエックス」が、野外で快適に...
普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテン...
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
都会の生活に疲れたので、自然に癒されたい。とは言っても、普段の便利な生活に慣れすぎているから、完全なアウトドアはそれはそれでハードルが高い。そんなわがまま...
野外フェスの参加者の4人に1人は、自分が持ってきたテントをその場に捨てて帰るそう。そのため「KarTent」は、少しでも状況を改善するためにダンボール製の...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
〈Kirkham's(カーカムス)〉は、コットンテントで知られるソルトレイクシティのアウトドアメーカーです。そのペグバッグは、ハンドルがあって軽量なので普...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
アウトドアといえば、どう考えても夏のイメージ。寒さゆえ外で過ごす機会が減ってしまう冬は、はっきり言って不向きでしょう。でも、こんなグランピング体験なら話は...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
ハンモックといえば夏。リゾートでの読書や、おしゃれな部屋のソファ代わりなどで使い、決してキャンプの必需品には成りえませんでしたが、昨今ではハンモック型の本...
荷台シートじゃん!とのツッコミが聞こえてきそうですが、ちゃんとキャンプ仕様として作られているのがこちら。写真を見ると、中は広々しています。荷台の後ろにある...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...