透明の「ドーム型テント」。お洒落なだけじゃなくて、環境にもよかった

湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテントがあります。これ、中が丸見えなだけに、キャンプ仕様というよりは別の用途がありそうですが…。

丸見えドーム型テントの
おしゃれな使い道

スクリーンショット 2015-10-18 18.09.44

北極や南極の観測基地のような半球体型のこのドームは、屋外の生活空間を、もっと人々が楽しく演出できるようにとドイツで開発されました。その名も「Garden Igloo」。テントというよりは、自宅の庭に設置するもうひとつの室内空間といったところ。もちろん、植物や野菜を育てる温室として使うこともできます。このほか、ソファを置いてくつろいだり、子どもの遊び場として、プールサイド(があるお宅に限りますが…)に設置して、ちょっとしたシェード代わりにもなる、多機能がウリです。

3_GARDENIGLOO_INTERIOR

この球体に近い正多面体で構成された、ジオデシック・ドーム構造の特徴は、正三角形に組み合わせた構造材を多数並べることによって組み上げられること。

北極に近く風の影響が強い地域で生活するイヌイットの人々は、強風に耐える知恵として、このジオデシック構造を彼らの住居空間に、自然と取り入れていたことでも知られています。つまり、風の影響を受けにくいことも、このテントの特質すべき点なのです。

一人でも簡単設営
自然を汚さないテント

スクリーンショット 2015-10-18 17.19.37

写真で見ると、大きく感じますが、実際のサイズは直径は3.6メートル、高さも2.2メートル。少し大きめのテントといったところでしょうか。

複雑そうに見えて一人でも簡単に設置できるのも魅力です。円形に土台を組んだら、あとはプラスチック製のフレームを三角形に骨組み合わせてドームの支柱を形成。最後に透明なビニールカバーをかぶせれば、あっという間にドームの完成です。もちろん、持ち運びも自在。各ポールを束ねてしまえば、収納も場所を取りません。

素材はすべて非腐食性でリサイクル可能なもの。錆びる心配もありません。土台のベースカバーも袋の中に土を詰め込むだけ。「自然を傷つけない、ゴミを出さない」の発想もイマドキですね。

2_GARDENIGLOO_CANOPY

さすがに、真夏の浜辺やプールでは、透明のテントでは暑くてどうしようもない? 大丈夫です。日差しを避けて風を通せるカバーもしっかり用意があります。

6_GARDENIGLOO_NIGHT

星空を見上げながらゆったりソファーでくつろいだり、一日中、テントの中で日向ぼっこしながら読書なんて、素敵だと思いませんか?
気になるお値段は899ユーロ(約12万円)。若干、割高感はありますが、用途を考えたら決して高い買い物ではないかも?

Licensed material used with permission by Garden Igloo

原っぱに寝転がって星空を眺める。そんなアウトドアの醍醐味を一晩中味わうためにはどうしたらいいんだろう。そう考えたリトアニアのデザイナーVytautas P...
野外フェスの参加者の4人に1人は、自分が持ってきたテントをその場に捨てて帰るそう。そのため「KarTent」は、少しでも状況を改善するためにダンボール製の...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
エチオピア北部の町ゴンダルは、年間降雨量が極端に少ない地域。激しい干ばつに見舞われ、土壌もやせ細り、この地で農業を営む人々は町を捨て、他の地域に移っていく...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
あえて誤解を恐れずに言うならば、近ごろ流行りのグランピングとは“対極”にあるテント。そう言い切ってしまえるのは、この「クレイジーエックス」が、野外で快適に...
普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテン...
あらゆるものを透明にできる光線をオーストリアのウィーン工科大学が開発し、コンピュータシミュレーションを成功させた。光線を当てたものの性質を変え、光を屈折さ...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
荷台シートじゃん!とのツッコミが聞こえてきそうですが、ちゃんとキャンプ仕様として作られているのがこちら。写真を見ると、中は広々しています。荷台の後ろにある...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...