トラックに外付けできる「ドーム型テント」。斬新だけど機能性バツグン!

荷台シートじゃん!とのツッコミが聞こえてきそうですが、ちゃんとキャンプ仕様として作られているのがこちら。写真を見ると、中は広々しています。

トラックの荷台が
テントに早変わり!

64e0648532a8e177462b6f600f727e544c217907

高さは5ft(1.5m)

7e6b19db6761641c459a63fa3b1e1046e18eec43

足を伸ばしても大丈夫

3cbd3dd3bc452383a4d0739362cdff3a51cecbab

荷台の後ろにある「あおり」を開いており、奥行きもあります。詰めれば、ふたり寝れそうですね。

車内とも通じる

680538edb2b5122fb8512aa4ce32e861d2876baf

後部座席の窓から充電ケーブルなどを伸ばせば、充電も可能。

134d3b8bdd5622040187fa6bf0a8b01c2e3a335a

もちろん側面にも。景色を覗けます。気になるのは、悪天候への耐久性ですが…。

防水性・撥水性・通気性も
バツグン!

D25bcc514be562242151827905f6320a1fd647a44bd29a345a5a6e9c0e6248d630a7ce30a14c59cc2d30c949a504702263cea62ff6a6537fb2ffa257

ここがアウトドアグッズとして作られている最大の利点でしょう。荷台シートとは違い、ちゃんと雨風を凌ぎながらも快適に過ごせる環境づくりが整っているようです。

雪にも耐えられる!

4298a12f8ec06db8e0a60feac267cfce0b7dd88c

※雪の蓄積には耐えられません。

A4d0916fcf753c81236a5a453327c7daf13cd99b

この「TRUCK TENT」を販売しているのは「Kodiak Canvas」。webサイトによれば、サイズは2種類あり、奥行き約1.8mのものと約2.4mがあります。どちらも価格は366.99ドル(約4万円)。残念ながら、アメリカとカナダのみの配送となっているようですが、Amazonでも取り扱いがある模様。

車で旅行する際の選択肢がグッと広がるかもしれませんね。動画はこちらから。

Licensed material used with permission by Kodiak Canvas
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
原っぱに寝転がって星空を眺める。そんなアウトドアの醍醐味を一晩中味わうためにはどうしたらいいんだろう。そう考えたリトアニアのデザイナーVytautas P...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
ここで紹介するのは、2016年2月4日(木)に発売された「SPRING 2016 ナイキ テック ニット コレクション」。質感にこだわった新しい糸を利用...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
感受性が高い人は、周囲の環境に影響されやすい面があるも、その分人の気持ちを理解できたり誠実な面もあると、ライターのAmy Morinさんは述べています。長...
普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテン...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
このクーラーボックスなら、アウトドアでスムージーも作れて、音楽も流せちゃいます。しかも、その他にも便利な機能が盛りだくさん。驚きの機能はこちら。01.ミキ...
ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマル...
あえて誤解を恐れずに言うならば、近ごろ流行りのグランピングとは“対極”にあるテント。そう言い切ってしまえるのは、この「クレイジーエックス」が、野外で快適に...
都会の生活に疲れたので、自然に癒されたい。とは言っても、普段の便利な生活に慣れすぎているから、完全なアウトドアはそれはそれでハードルが高い。そんなわがまま...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
野外フェスの参加者の4人に1人は、自分が持ってきたテントをその場に捨てて帰るそう。そのため「KarTent」は、少しでも状況を改善するためにダンボール製の...