機能性も申し分ない「スマートなマイボトル」

〈CORKCICLE(コークシクル)〉は、ワインをこよなく愛する3人の男性によって設立された、フロリダ発のブランドです。昨春には、ここ日本でもプロダクトの販売がスタート。セレクトショップや家電量販店で目にする機会も増えてきました。

中でも主力が、この保冷保温ボトル「CANTEEN(キャンティーン)」。シンプルでスタイリッシュなデザインはもちろん、理にかなった性能も魅力です。

マイドリンクをスマートに持ち歩く、
これからの「スタンダード」

デザインや性能のまえに、まずはバックボーンを。

アメリカでは、年間で約500億本ものペットボトルが生産されていますが、回収率は約31%、リサイクル率は約21.6%に留まっているそう。この状況を受け、「ペットボトルを買う人がマイボトルを持ってくれたら、少しでもゴミが減らせるのではないか」という発想のもと、開発されたのが「キャンティーン」です。

25時間保冷、12時間保温、
結露もなし。

ありそうでなかったスマートなフォルムは、ワインボトルをイメージ。なるほど、ここに前述の“ワイン愛”が絡んでくるというわけです。

デザインにだけこだわって性能は二の次、なんてプロダクトでは、目の肥えたユーザーの選択肢にはなり得ません。「キャンティーン」はその点においても抜かりなし。

なんと25時間保冷、12時間保温(※米国基準)という抜群のパフォーマンスを実現。ステンレス製のタフなボディーは結露もしないのだとか。

さらに、製氷機で作った氷も楽々入ってしまう広い飲み口もウリ。底に滑り止めラバーが付いているのも、地味ながら気が利いています。

270ml、470ml、そしてワイン1本分が入る750mlの3サイズ展開。価格は2,800円(税込)からで、カラバリも豊富です。

Licensed material used with permission by 株式会社スパイス
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
こんなふうに「見える」ようになると、ちょっとは変わりそうじゃない?