「使用済みオムツ」を家庭用品に、というプロジェクト

埋立地で温室効果ガスや有毒物質を発生する可能性のあるオムツ。これを知っている人は少ないかもしれませんね。正確に言えば、“腐敗する時に”の話ではあるんですけど……。

オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。高圧蒸気を利用して糞尿を分離させ、オムツからプラスチックを抽出する仕組みのようです。

もちろん環境問題へのアプローチが目的。この素材から植木鉢などの家庭用品を製造するプランなんだとか。まだコンセプト段階ですが、公園などに置かれるベンチをつくる計画もあるそうですよ。

Reference: ARN
Top image: © iStock.com/skynesher
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Slash Objects」のプロダクトは、今年に入り既にデザイン賞も受賞している代物。でもこれ、使用済みの工業資材が使用されたいわゆるリサイクル品。真...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
現場から長時間離れることが職業上できない女性が抱える生理の問題。そんな悩みを解決する生理用品ポケット「Carrie」が素晴らしい。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...