捨てられた大量の「ビーチサンダル」をアートに変えるプロジェクト

青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わず萎えてしまいますよね。

それは、アフリカの海でも同じこと。ケニアの「Ocean Sole」というプロジェクトでは、海岸や運河でゴミとして見つかる大量のサンダルをリサイクルする活動をしているそうです。

ビーチのゴミが
可愛い動物に生まれ変わる

「Ocean Sole」は、年間40万個のサンダルをこのようにリサイクルすることを目標にして販売し、一部を環境保護のための基金へ寄付。

また、ケニアの首都ナイロビをはじめ、スラム街や田舎で活動を行うことで、雇用を促進しているそう。

「靴を買うこともできなかったけれど…」

働いて6年になるというEric Mwandolaさんはこう話します。

「これまでは靴を買うこともできなかったけれど、今はふたりの子どもを中学校へ通わせたり、十分に食べさせて服を買ってあげられる。農園を持てたし、搾った牛のミルクを近所で売ることもできるから、子どもたちへの投資のお金になる。さらに、病気のときは会社が治療費を払って支援してくれるんだ」

「Ocean Sole」は現在、日本へのマーケット拡大を計画中とのこと。彼らの取り組みに興味がある人はこちらの連絡先まで。

Katie Carnelley - katie@ocean-sole.com / +254 727 531 301
www.ocean-sole.com / Karen Village, Nairobi, Kenya / info@-ocean-sole.com

Licensed material used with permission by Ocean Sole
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
ローマを拠点にするデザイナーUmberto Menasci氏は、“アフターコロナ”の時代の新しいビーチの形として「SAFE BEACH」と題したデザイン案...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
人が多い夏場のビーチではまだ新型コロナウイルス(COVID-19)の感染リスクが気になるところ。そんな問題を解決するクリエイティブなアイテムを紹介。
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
ミュージシャンやビデオグラファーとして活躍するCee-Rooさんのビデオは、視覚だけでなく聴覚的にもワクワクするような作品になっている。
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
タイプ別のオススメ「吸水型ショーツ」をご紹介。素材、機能、デザイン……あなたは何で選ぶ?
お酒は一切なし。日本初の完全ノンアルコールバー「0%」が、本日7月16日、六本木にオープン。
スペイン・サグントにある地中海に面したビーチでは、砂浜を区画し、利用者が予約できるブロックを作成することを発表した。利用者は専用アプリを通して、ブロックと...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
低空飛行する飛行機とセルフィーが撮れるスポットとして有名な、プーケットのマイカオビーチ。でもこれ、地元当局はかなり迷惑しているようで……同ビーチの一部をク...