アフリカの住居問題を救う、再生プラスチックから住宅を建設するプロジェクトが始動

再生プラスチックから建築するテクノロジーを持つノルウェー発のスタートアップ「ohalo」に、JDS建築会社CEOのJulien De Smedtがジョインし、100%再生プラスチックから住宅を建設するプロジェクトが始動した。

世界ハビタット・デーに国連の持続可能な都市開発を担う部署「Human Settlements and Sustainable Urban Development」のパートナーとなった。

まず最初に注力するのは、10億人近くがスラムに住んでいると言われる、サハラ以南のアフリカ。

中でも今まさに簡易的な家を必要としている人がすでに1.6億人おり、また急速な都市化によってこの数字は2050年には3.6億人に膨れ上がると予想されているため、早急な対応が求められている。

今後18ヶ月で試験的な建築を行い、2022年春には大量生産を開始するという。

国際連合人間居住計画の長であるヴィンセントは、「アフリカの住居負債問題を解決してくれるテクノロジーはこの世でohaloしかない。」とプロジェクトへ期待のコメントを残した。

©Othalo
©Othalo
©Othalo
Top image: © Othalo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2019年10月、ルワンダで史上初となる「完全アフリカ製」のスマホ「Mara Phone」がリリース。
"世界の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシー。この地の貧困問題と環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護...
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
フォトグラファーのヨシダナギさんがNAKEDとともにつくりだした空間は、彼女がアフリカで見た景色や人、動物を音や映像などで表現している。西武渋谷店A館で、...
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
国連が制定した「世界食糧デー」に合わせ、おにぎりの写真を「#OnigiriAction 」とともにSNSなどに一枚投稿すると、協賛企業から給食5食分に相当...
コロナ禍からのサステナブルな未来を目指す復興策「グリーン・リカバリー」という考え方を広める『#GoToGREEN プロジェクト』が2020年12月からスタート!
「Amazon」が20億ドル(約2060億円)の資金を住宅建設計画に投資することを発表した。不動産事業を始めるため?いや、どうやら理由は別にあるようだ。
石油でできたプラスチックを撤廃し、完全植物性の材料でできたプラスチックを開発する「Paper Bottle Project」。このボトルは1年以内に自然腐...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
1851年創業、ワイキキ、ダウンタウンのベーカリー「Love's Bakery」が3月末をもって閉店を決めた。
ベネズエラの首都、カラカス。南米有数の大都市である一方、世界でもトップクラスに治安の悪い都市としても悪名を轟かせています。1日に起きる殺人事件の数は、なん...
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...