「世界の電子機器の墓場」。スラム街を救うためのクラウドファンディング

アフリカ、ガーナのスラム街・アグボグブロシー

人々は日本を含む先進国から捨てられた家電を焼いて生活しており、“世界の電子機器の墓場”と呼ばれている。発生する有害物質を多く含んだ煙を毎日吸ってしまうことから、30代以上はほとんどいない土地だという。

現在、この地の貧困問題環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護さんの活動を追ったドキュメンタリー映画『Still A Black Star』の製作費をクラウドファンディングで募っている。

監督はエミー賞受賞歴のあるカーン・コンウィザー氏。想いに共感し、破格の金額で製作を引き受けた氏は、2019年8月に長坂さんとアグボグブロシーを訪問。53日にもわたる長期の撮影をハリウッド映画チームと過ごした長坂さんが、新しい文化施設の提供に挑んだ様子が映画化される。

長坂さんはいう。

この本編をぜひ皆様にお伝えしたい。世界は平和でなくてはならない、人々は平等でなければならない、地球は美しくなくてはならない。このドキュメンタリー映画はこれから全人類が生きるためのバイブルになると信じています

支援は「CAMPFIRE」から。以下が予告編だ。

© Mago Nagasaka/YouTube
© StillABlackStarPJ2019
© StillABlackStarPJ2019
© StillABlackStarPJ2019
Top image: © StillABlackStarPJ2019
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。