「世界の電子機器の墓場」。スラム街を救うためのクラウドファンディング

アフリカ、ガーナのスラム街・アグボグブロシー

人々は日本を含む先進国から捨てられた家電を焼いて生活しており、“世界の電子機器の墓場”と呼ばれている。発生する有害物質を多く含んだ煙を毎日吸ってしまうことから、30代以上はほとんどいない土地だという。

現在、この地の貧困問題環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護さんの活動を追ったドキュメンタリー映画『Still A Black Star』の製作費をクラウドファンディングで募っている。

監督はエミー賞受賞歴のあるカーン・コンウィザー氏。想いに共感し、破格の金額で製作を引き受けた氏は、2019年8月に長坂さんとアグボグブロシーを訪問。53日にもわたる長期の撮影をハリウッド映画チームと過ごした長坂さんが、新しい文化施設の提供に挑んだ様子が映画化される。

長坂さんはいう。

この本編をぜひ皆様にお伝えしたい。世界は平和でなくてはならない、人々は平等でなければならない、地球は美しくなくてはならない。このドキュメンタリー映画はこれから全人類が生きるためのバイブルになると信じています

支援は「CAMPFIRE」から。以下が予告編だ。

© Mago Nagasaka/YouTube
© StillABlackStarPJ2019
© StillABlackStarPJ2019
© StillABlackStarPJ2019
Top image: © StillABlackStarPJ2019
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
さまざまな社会問題を、ポップで奇抜な「デザイン」と顔から離脱した口元に書かれている「シンプルな主張」によってオーディエンスに訴えかけるアート作品が話題。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
再生プラスチックから建築するテクノロジーを持つノルウェー発のスタートアップ「ohalo」に、JDS建築会社CEOのJulien De Smedtがジョイン...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...