「おにぎり」の写真一枚を投稿するだけで、給食5食が届けられる。#OnigiriAction

おにぎりにまつわる写真を撮影し「#OnigiriAction」をつけてSNS、または特設サイトに投稿する。すると、1枚の写真投稿につき、アフリカ・アジアの給食5食、または10食分に相当する寄付・協賛を協賛企業が提供し、世界の子どもたちに給食がプレゼントされる──。

それが「おにぎりアクション」だ。 

おにぎりアクションは、国連が定めた10月16日「世界食料デー」(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)を記念して開催されているもので、2019年で5年目を迎える。

「身近な食べ物で、毎日の食卓から世界を変えることができる取り組み」として共感の輪が広がった本アクションは、TwitterやInstagramを中心にSNSで広く拡散。4年間の開催で、累計約50万枚の写真が投稿され、300万食の給食(およそ4千人の子どもたちの丸4年分)がアフリカ・アジアの子どもたちに届けられたという。

「日本の食を通じて世界を変えたい」という想いからスタートした本企画。「おにぎり」がシンボルフードに選ばれたのは、日本の代表的な食であり、大切な誰かのために愛を込めてにぎられる「愛情のこもった象徴的な食べ物」だから。たくさんの投稿に温かいメッセージが添えられているのも印象的だ。

協賛企業も年々増え、トップスポンサーである「日産セレナ」は、おでかけ先でのおにぎりとの写真に「#OnigiriAction  #家族史上最高のおでかけ」を付けて投稿すると、給食10食を寄付。「海星学院高等学校」や「京都学園中学校・高等学校」「神戸山手女子中学校・高等学校」など、学校ぐるみでこのアクションに参加するところもある。

ちなみに、おにぎりは買ったものでもOK。料理に自信がない人は、コンビニへGOだ。

おにぎりアクション2019

【特設サイト】https://onigiri-action.com/

©2019 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
©2019 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
©2019 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
Top image: © 2019 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
ここで紹介する動画は、ニューヨーク在住の環境活動家でありドキュメンタリー映像作家の佐竹敦子さんが制作したもの。彼女は、自身の子どもが通っている学校の給食を...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
人口850万人以上もいる大都市ニューヨークで、今年度から公立学校の子どもたちを対象に、無償でランチが提供される。これまでも対策は講じられてきたが、家庭の経...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。