「おにぎり」の写真一枚を投稿するだけで、給食5食が届けられる。#OnigiriAction

おにぎりにまつわる写真を撮影し「#OnigiriAction」をつけてSNS、または特設サイトに投稿する。すると、1枚の写真投稿につき、アフリカ・アジアの給食5食、または10食分に相当する寄付・協賛を協賛企業が提供し、世界の子どもたちに給食がプレゼントされる──。

それが「おにぎりアクション」だ。 

おにぎりアクションは、国連が定めた10月16日「世界食料デー」(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)を記念して開催されているもので、2019年で5年目を迎える。

「身近な食べ物で、毎日の食卓から世界を変えることができる取り組み」として共感の輪が広がった本アクションは、TwitterやInstagramを中心にSNSで広く拡散。4年間の開催で、累計約50万枚の写真が投稿され、300万食の給食(およそ4千人の子どもたちの丸4年分)がアフリカ・アジアの子どもたちに届けられたという。

「日本の食を通じて世界を変えたい」という想いからスタートした本企画。「おにぎり」がシンボルフードに選ばれたのは、日本の代表的な食であり、大切な誰かのために愛を込めてにぎられる「愛情のこもった象徴的な食べ物」だから。たくさんの投稿に温かいメッセージが添えられているのも印象的だ。

協賛企業も年々増え、トップスポンサーである「日産セレナ」は、おでかけ先でのおにぎりとの写真に「#OnigiriAction  #家族史上最高のおでかけ」を付けて投稿すると、給食10食を寄付。「海星学院高等学校」や「京都学園中学校・高等学校」「神戸山手女子中学校・高等学校」など、学校ぐるみでこのアクションに参加するところもある。

ちなみに、おにぎりは買ったものでもOK。料理に自信がない人は、コンビニへGOだ。

おにぎりアクション2019

【特設サイト】https://onigiri-action.com/

©2019 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
©2019 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
©2019 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
Top image: © 2019 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
朝の忙しい人たちに向けて開発された、完全食カップケーキ「朝ドルチェ」
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
新型コロナウイルスの蔓延に伴い、「ルーヴル美術館」は、美術館で公開されている作品およびフランス北部の保存施設に所蔵されているすべての作品にあたる約48万2...
さまざまな社会問題を、ポップで奇抜な「デザイン」と顔から離脱した口元に書かれている「シンプルな主張」によってオーディエンスに訴えかけるアート作品が話題。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ここで紹介する動画は、ニューヨーク在住の環境活動家でありドキュメンタリー映像作家の佐竹敦子さんが制作したもの。彼女は、自身の子どもが通っている学校の給食を...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
「MIT」の博士課程の学生が発表した論文で、実験室で木材や繊維など特定の植物組織が育てられることを提唱した。将来的に木材の生産がすべてラボでできるかも。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...