パンのフードロスを削減するお取り寄せ「rebake」

「ロスパン」とは、パン屋さんでまだ食べられるのに廃棄になってしまいそうなパンのこと。

パン屋さんでは、日々の製造工程や販売工程で、食べられるのにどうしても廃棄になってしまうパンが出ることがある。しかしこれらは、食品衛生上は問題がなく、お店で買うものと変わりがない。

全国のこだわりのパン屋さんのパンをお取り寄せできるサービスを展開する「rebake(リベイク)」では、このようなロスパンもお取り寄せ商品として積極的に取り扱うことによって「パンのフードロス削減」に貢献している。

パンの作り手は皆、パンを廃棄することに心を痛めているという。

彼らは毎日朝早くから作業をし、長期熟成のものだと前日夜から作業をすることもある。たくさんの人が買えるように出来るだけ多く、だけど売れ残らないようにさまざまな要素を考え抜いた微妙なバランスの数を、日々計算して作っている。

それでも悲しいことに、天候による影響や、「遅い時間帯に来てくれたお客さんにスカスカな棚を見せるわけにはいかない」という作り手の優しさや心意気などからパンのロスは生まれてしまう。

そこでこの「rebake」が活躍してくれる。

嬉しいのは、取り扱うパンの種類が多種多様なこと。北海道から沖縄まで、自分ではなかなか足を運ぶことができない全国のパン屋さんが作るヴィーガンやベジタリアン向け、アレルギーの人向け、自家製酵母を使ったこだわりのパンなど、多くのパンのなかから自分好みのパンを選択できるのだ。

収益の一部は、フードロスや環境問題に取り組む団体に寄付される。パン好きの優しい想いから生まれた、温かくておいしいサービス「rebake」。

今後のさらなる展開に期待だ。

rebake(リベイク)

【公式ホームページ】https://rebake.me/

©2018 rebake All Rights Reserved.
©2018 rebake All Rights Reserved.
Top image: © 2018 rebake All Rights Reserved.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...
METoA Ginzaで開催中の「デジタル収穫祭 in Ginza」。食の恵みへの感謝をコンセプトに、農作物を育てる苦労と喜びを同時に体感できます。
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
今年1月〜2月、横浜市内の「イトーヨーカドー」全店舗で「フードドライブ」を実施。家庭で余っている食べ物を持ち寄って地域の福祉団体やフードバンクなどに寄付す...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
「Draft Top」は、缶のフタを切り取れるオープナーだ。
「ABCクッキングスタジオ」より、新たにスタートした食品ロス削減のためのレッスンプログラム。料理教室のSDGsアクションに注目。
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
沖縄・宮古島の「シギラセブンマイルズリゾート」では、スギ花粉が飛散する時期に、スギが育ちにくく、植林もほとんどおこなわれないため、スギ花粉によるアレルギー...
今年、創業50周年を迎える日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」。数より個性で勝負するドムドムの戦略と野望を、藤﨑忍社長が語る。
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
ちょっと皮肉めいてるものもあるけど、それもまたクリエイティブ?
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。