「廃棄野菜」のスムージーが、社員のココロとカラダをクリーンにする

形が悪いだけ。納期が遅れたから出荷できない。そんな理由で、廃棄せざるを得ない野菜や果物。

「Clean Smoothie」は、農家にあるこうした日の目を見ない「生産ロス」の野菜や果物を、スムージーの材料としてオフィスに届けるサービスだ。

月に2回、新鮮な野菜や果物を「特殊冷凍技術」で加工したスムージーパックが、ブレンダーとガラスジャーもセットになってオフィスに届けられ、社員は季節のスムージーを月替わりで楽しむことができる。

届けられる季節のスムージーパックの種類は、常時3種。付属のブレンダーセットやガラスジャーを利用して、社員自身がフレッシュなスムージーを手作りする。

今後は環境省の「つなげよう支えよう森里川海」プロジェクトアンバサダーでもあり、フード&デザインユニット「Lunny’s veggie」としても活動する菜園料理家の藤田承紀シェフがスムージーを全面監修するというのも楽しみだ。

「Clean Smoothie」は、おいしいだけでなく野菜不足の社員の健康にも寄与する。農家の現場にある「生産ロス」の解消に貢献するだけで終わらない、カラダもココロも満たされる一石二鳥のシステムなのだ。

©LIFULL Co.,Ltd. All rights reserved.
©LIFULL Co.,Ltd. All rights reserved.
Top image: © LIFULL Co.,Ltd. All rights reserved.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
廃棄予定の野菜や食材を染料として活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE」とアパレルブランド「Lily Brown」のコラボ商品が12月中旬から順次...
簡単においしくつくれて、効率よく栄養補給もできる、いつものスムージーにぜひプラスしたい食材、それが「オイル」でした。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
大人気キャラクター「Barbie(バービー)」のYouTubeチャンネルに、黒人の友人Nikkiが登場。彼女の差別の体験談を聞き「人種を理由に差別されるの...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
野菜などのパッケージでありながら、そのまま食べることもできる「SCOBY」。口にしても害がないだけなので、オススメはされていませんが……。とにもかくにも、...
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
今回はセブンイレブンの「ケール グリーンスムージー」。全国で3店舗にしかない幻のスムージーを「目白駅北店」で発見!
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
11月1日は「ワン・ワン・ワン」の“犬の日”。犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「そんなのあるのか!」...
カリフォルニア発スムージー・ジュース専門店「Jamba(ジャンバ)」が、渋谷に8月4日開業の複合施設「MIYASHITA PARK」にオープン。「塩こうじ...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
パーソナルテストに答えることで、個人のカラダや生活習慣に必要な栄養素を特定し、60種類以上の野菜やフルーツ、スーパーフードからパーソナルスムージーを作れる...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
「World Brewers Cup 2016」チャンピオンのトップバリスタ・粕谷哲氏と、フレブル専門誌『BUHI』がコラボして作ったコーヒーが発売。ナッ...
先月23日、「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」が日本人宇宙飛行士を新たに募集すると、萩生田光一文部科学大臣が発表した。
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
完全栄養の主食「BASE FOOD」が、理想のカラダを目指す栄養バランス改善プログラム「BASE FOOD CAMP(ベースフードキャンプ) for St...
『華氏911』や『シッコ』などのドキュメンタリー作品で知られるマイケル・ムーアがプロデューサーを務めたドキュメンタリー映画『Planet of the H...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...