「廃棄野菜」のスムージーが、社員のココロとカラダをクリーンにする

形が悪いだけ。納期が遅れたから出荷できない。そんな理由で、廃棄せざるを得ない野菜や果物。

「Clean Smoothie」は、農家にあるこうした日の目を見ない「生産ロス」の野菜や果物を、スムージーの材料としてオフィスに届けるサービスだ。

月に2回、新鮮な野菜や果物を「特殊冷凍技術」で加工したスムージーパックが、ブレンダーとガラスジャーもセットになってオフィスに届けられ、社員は季節のスムージーを月替わりで楽しむことができる。

届けられる季節のスムージーパックの種類は、常時3種。付属のブレンダーセットやガラスジャーを利用して、社員自身がフレッシュなスムージーを手作りする。

今後は環境省の「つなげよう支えよう森里川海」プロジェクトアンバサダーでもあり、フード&デザインユニット「Lunny’s veggie」としても活動する菜園料理家の藤田承紀シェフがスムージーを全面監修するというのも楽しみだ。

「Clean Smoothie」は、おいしいだけでなく野菜不足の社員の健康にも寄与する。農家の現場にある「生産ロス」の解消に貢献するだけで終わらない、カラダもココロも満たされる一石二鳥のシステムなのだ。

©LIFULL Co.,Ltd. All rights reserved.
©LIFULL Co.,Ltd. All rights reserved.
Top image: © LIFULL Co.,Ltd. All rights reserved.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
廃棄予定の野菜や食材を染料として活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE」とアパレルブランド「Lily Brown」のコラボ商品が12月中旬から順次...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
野菜などのパッケージでありながら、そのまま食べることもできる「SCOBY」。口にしても害がないだけなので、オススメはされていませんが……。とにもかくにも、...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...