「廃棄野菜」のスムージーが、社員のココロとカラダをクリーンにする

形が悪いだけ。納期が遅れたから出荷できない。そんな理由で、廃棄せざるを得ない野菜や果物。

「Clean Smoothie」は、農家にあるこうした日の目を見ない「生産ロス」の野菜や果物を、スムージーの材料としてオフィスに届けるサービスだ。

月に2回、新鮮な野菜や果物を「特殊冷凍技術」で加工したスムージーパックが、ブレンダーとガラスジャーもセットになってオフィスに届けられ、社員は季節のスムージーを月替わりで楽しむことができる。

届けられる季節のスムージーパックの種類は、常時3種。付属のブレンダーセットやガラスジャーを利用して、社員自身がフレッシュなスムージーを手作りする。

今後は環境省の「つなげよう支えよう森里川海」プロジェクトアンバサダーでもあり、フード&デザインユニット「Lunny’s veggie」としても活動する菜園料理家の藤田承紀シェフがスムージーを全面監修するというのも楽しみだ。

「Clean Smoothie」は、おいしいだけでなく野菜不足の社員の健康にも寄与する。農家の現場にある「生産ロス」の解消に貢献するだけで終わらない、カラダもココロも満たされる一石二鳥のシステムなのだ。

©LIFULL Co.,Ltd. All rights reserved.
©LIFULL Co.,Ltd. All rights reserved.
Top image: © LIFULL Co.,Ltd. All rights reserved.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
野菜などのパッケージでありながら、そのまま食べることもできる「SCOBY」。口にしても害がないだけなので、オススメはされていませんが……。とにもかくにも、...
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
簡単においしくつくれて、効率よく栄養補給もできる、いつものスムージーにぜひプラスしたい食材、それが「オイル」でした。
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
Natural Resources Defense Council(天然資源保護協議会)によると、アメリカ国内における食料廃棄は、年間3千5百万トン。金額...
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。