再生可能エネルギー大国、ウルグアイから学ぶべきこと

会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削減を約束する「パリ協定」が結ばれました。

しかし、南米・ウルグアイでは10年前からクリーンエネルギーだけで、電力の94.5%をまかなっています。

再生可能エネルギー大国
ウルグアイから学べること

25a1458bcc58a0db708f9aa9905c4b25d87f0a8b

人口わずか340万人の同国は、現在国の総電力の94.5%を風力、太陽光、水力、地熱などを使い、化石燃料に頼らずに供給することができています。

いま、世界中から大きな注目を集めるこの国も、15年ほど前までは全く違った状況だったと「The Guardian」は伝えています。

当時、石油は輸入の27%を占めており、隣国アルゼンチンから国境を超えてガス供給が始まろうとしていました。しかし、そんな環境から、いかにして自然エネルギー大国へとシフトチェンジできたのでしょうか?

自然環境に目を向けた
最大限の努力

14fcc4e4719d82c1f567da846789b4746d3438d7

「The Guardian」によると、いまウルグアイの港には、輸入した風力発電用のタービン(風車)が並び、さながら工場のようだとか。

首都モンテビデオから、北へと続く国道沿いには、108メートルもの高さがある巨大な風車が無数に設置されています。平均時速13キロメートルの、安定した風が吹き抜ける立地条件に目をつけ、草原に増設しているのです。


自然エネルギー分野に世界が投資
その額年間GDPの約15%!

9bdbfb5935ba4e949447e2b87bb1080f039477b9

いっぽうで、ドイツのタービンメーカー「エネルコン」社などから投資を得て、クリーンエネルギー開発にも力を入れていきました。外国人投資家にとっての最大の魅力は、公共事業として20年間固定価格で販売することを宣言している点です。

2010年からウルグアイのエネルギー投資は、およそ70億ドル(約8,500億円)上昇し、国の年間GDPの約15%を占めるまでになりました。

WWF(世界自然保護基金)は、2014年に発表したレポートの中で、再生可能エネルギーへの投資に関して、世界的なトレンドを担っているのは同国であるとし、“グリーンエネルギーのリーダー”と称してします。

再生可能エネルギーを
ビジネスとして捉える

E973201ae310686beeb0cbeea6bbb4357ce34a1d

「私たちが学んだことは、再生可能エネルギーが、金融ビジネスになり得るということ。建設費と維持費が安く、投資家に安全な環境を与えることができる。それこそが大きな魅力なのです」

とは元エネルギー省トップのRamón Méndez氏の言葉。「Quartz」が紹介しています。が、同時に、ウルグアイの成功は3つの柱のもとに成り立っていると分析しています。

前述の通り、一つは自然条件。そして、公共および、民間企業との強力なパートナーシップ。最後が、信頼性です。長期投資の魅力ある国として、安定した民主主義を築くことです。

これらが“3本の矢”となり、わずか十数年で世界から賞賛されるクリーンエネルギー大国へと、シフトすることに成功しました。

いま、彼らはさらに大きな公約を掲げています。2009年から13年までと比較して、2017年までに二酸化炭素の排出量を88%削減するとCOP21の場で宣言。先進国とは異なる視点から、気候変動に大きな影響力を与える国の活動に関心が集まっています。


6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...
2015年10月26日、南米・ウルグアイからフランスへと向かう飛行機の中で、17歳のフランス人少女が重篤なアレルギー発作を起こした。乗り合わせていた2名の...
ふとした瞬間でも、なんとなくスマホを手に取り、SNSやネットサーフィンをしてしまうもの。そして、このインターネットのデータを管理するサーバは、大きな熱量を...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
8月14日にBud Lightは、Cleveland Brownsが2018年シーズンで初勝利をあげた時にファンたちにタダでビールをふるまうために、特別な...
世界でいちばん牛肉を食べる国を知ってますか?アメリカでも、オーストラリアでもありません。世界一の消費国は南米ウルグアイで、一人当たりの消費量は年間46kg...
2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...