「歩いて発電できる」道路が、ロンドンに。

ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。

「踏む力」を電気に変換

2012年のロンドンオリンピックに合わせて、イギリスの企業Pavegenが開発したこの歩道。当時は歩道橋に設置され、夜の照明の電力供給源として活躍しました。

Pavegenは、道路に埋め込まれた発電装置。人が踏むことによって5mmほど沈み込み、その荷重を電力に変換する仕組みです。1歩あたりの発電量は5ワットとわずかなのですが、人が道を歩き装置を踏むことだけで発電されるので、環境に優しく費用もかからないというメリットがあります。

バードストリートでは、その電力は昼間は鳥のさえずりの音声に、夜間は住宅街の木々を照らす照明に使われています。

自分の歩行がエネルギーを生み出す瞬間を目の当たりにすると、自分たちの生活に必要なインフラを自ら作り出すことの価値に気付くことができそう。

エネルギー問題を改めて考えるきっかけが自分の住む街にあるということは、とても魅力的です。

自分の一歩が
優しいエネルギーに

Pavegenは2017年現在まで改良を重ね、初期の試作品に比べると発電効率も600倍まで上がったのだとか。またGoogleと提携して、ベルリンで行われた「Festival of Lights」の照明エネルギーとしても活用されました。

ハイデルベルクに設置された26平方メートルの敷地内には176のライトパネルが設置されており、Pavegenの装置を踏むたびにライトが光るという参加型の芸術作品として注目を集めました。

恒久的なエネルギー供給のひとつとして注目を集めるPavegenは、今後も新たな発展を目指して世界の各企業や地域との提携を進めていくことでしょう。

自分の小さな一歩が地球に優しいエネルギーになる。そんな素敵な世界の実現も、そう遠くない未来に待っているかもしれません。

Licensed material used with permission by Pavegen
andmore
他の記事を見る
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
三角形のタイルを踏むことで起こる、運動エネルギーを電力に変える床発電システム。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという、究極のエコ道路が世界に広がり...
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
ルックスはちょっと大きめのマグカップみたいな「JikoPower」の紹介です。焚き火やガスコンロの火に突っ込めば、火力発電ができるんです。
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
ソーラーパネルと言えば屋根に取り付けるものというイメージがありますが、「SolarGaps」はカーテンブラインド型の太陽光発電システム。窓に取り付けること...
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...