貧乏ゆすりさえもエネルギーに変える「自家発電チェア」が開発中

これまでネガティブな印象しかなかった「貧乏ゆすり」を、まさかの逆利用で発電させてしまう、画期的な椅子が登場。あの無意識のストレス発散が、周囲の人にもエネルギーを還元できるようになる!かも。

ゆらゆら・ギシギシ
振動を電力に変換!

5029b8ca124ac65b54c68701d8912fe5b68eeab8

「Moov」と名付けられたこの椅子を開発したのは、アントワープを拠点に活動を続ける家具デザイナーのNathalie Teugelsさん。まだ、試作段階ということもあり、だいぶスッキリした作りの椅子に見えますが、この華奢なフォルムに驚きのテクノロジーを秘めているんです。

08983d114d3b8884a6944f69fb57af771f6ab0f1

たとえば、こちらの動画のように、Moovに座った状態で床をコツコツ(貧乏ゆすりと呼ぶには大人しすぎますが)。これだけでも、ダイナモ発動するんだとか。もしかしたら、この椅子をオフィスに導入するだけで、本当に1フロア分の電力がまかなえちゃうかもしれませんよ!

5b548e5c63aeda0dec4d17e931062730e07c1aa0

なんてことが、絵空事ではないかもしれません。なぜって発電方法は他にも、ゆらゆら「背もたれ」に寄りかかっているだけでもOKだっていうんだから。

3602277f296c23b11bc562b8c126e7291b2c4535

秘密は座面にあるようです。圧力が加わると電位を生じる“圧電素子”の結晶板が合計288個座面シート下に組み込まれていて、椅子に座って動いたり揺れたり、圧力が加わることで電気ができるという仕組み。

4d2eafb30718d29df70de2e04a3518d74550dadcB36a50c49a37b18f08b8737163cfd4f4ea651e1f

いささか細くて頼りなさそうに感じるブルーの「肘掛け」にはUSBポート。スマホの充電をしながらゆらゆらすれば…、ご覧のとおり充電完了!どのくらいの量の電力を発電できるのかなどの詳細は、残念ながらよく分からない。そのため、まだまだ実用化とはいかないのかもしれませんが、微量でも座りながらにして発電できる椅子なんて、画期的だと思いませんか?

自身の「ADHD」経験も
ポジティブに変換

ところで、Teugelsさんのこのアイデア、じつは自身の過去のADHD(多動性障害)体験がベースにあるんだそう。

「じっと座っていることができない人々のことを否定的な目で見ずに、有用エネルギーを生み出すことで、彼らの性格をポジティブに捉えてほしい」

自身のつらい経験を革新的なデザイン・テクノロジーに落とし込んだTeugelsさん。Moovが目指す未来はそこにある?

Reference:Co.Design
Licensed material used with permission by Nathalie Teugels
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
毎日、厳しい冷え込みが続く「冬」。でも「夏」はあんなに暑かったのだから、その熱が今あればいいのに…。誰もが一度は思うものです。四季があるのは素敵だけれど、...
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
三角形のタイルを踏むことで起こる、運動エネルギーを電力に変える床発電システム。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという、究極のエコ道路が世界に広がり...
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。先...
ソーラーパネルと言えば屋根に取り付けるものというイメージがありますが、「SolarGaps」はカーテンブラインド型の太陽光発電システム。窓に取り付けること...
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...