貧乏ゆすりさえもエネルギーに変える「自家発電チェア」が開発中

これまでネガティブな印象しかなかった「貧乏ゆすり」を、まさかの逆利用で発電させてしまう、画期的な椅子が登場。あの無意識のストレス発散が、周囲の人にもエネルギーを還元できるようになる!かも。

ゆらゆら・ギシギシ
振動を電力に変換!

「Moov」と名付けられたこの椅子を開発したのは、アントワープを拠点に活動を続ける家具デザイナーのNathalie Teugelsさん。まだ、試作段階ということもあり、だいぶスッキリした作りの椅子に見えますが、この華奢なフォルムに驚きのテクノロジーを秘めているんです。

たとえば、こちらの動画のように、Moovに座った状態で床をコツコツ(貧乏ゆすりと呼ぶには大人しすぎますが)。これだけでも、ダイナモ発動するんだとか。もしかしたら、この椅子をオフィスに導入するだけで、本当に1フロア分の電力がまかなえちゃうかもしれませんよ!

なんてことが、絵空事ではないかもしれません。なぜって発電方法は他にも、ゆらゆら「背もたれ」に寄りかかっているだけでもOKだっていうんだから。

秘密は座面にあるようです。圧力が加わると電位を生じる“圧電素子”の結晶板が合計288個座面シート下に組み込まれていて、椅子に座って動いたり揺れたり、圧力が加わることで電気ができるという仕組み。

いささか細くて頼りなさそうに感じるブルーの「肘掛け」にはUSBポート。スマホの充電をしながらゆらゆらすれば…、ご覧のとおり充電完了!どのくらいの量の電力を発電できるのかなどの詳細は、残念ながらよく分からない。そのため、まだまだ実用化とはいかないのかもしれませんが、微量でも座りながらにして発電できる椅子なんて、画期的だと思いませんか?

自身の「ADHD」経験も
ポジティブに変換

ところで、Teugelsさんのこのアイデア、じつは自身の過去のADHD(多動性障害)体験がベースにあるんだそう。

「じっと座っていることができない人々のことを否定的な目で見ずに、有用エネルギーを生み出すことで、彼らの性格をポジティブに捉えてほしい」

自身のつらい経験を革新的なデザイン・テクノロジーに落とし込んだTeugelsさん。Moovが目指す未来はそこにある?

Reference:Co.Design
Licensed material used with permission by Nathalie Teugels
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...
「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗でスタート。
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...