太陽と風をエネルギーに変換する「高速道路」

高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。

「Solar Wind」と名前のついたこの橋は、高架橋ならではの環境を活かし再生可能エネルギーを生める。橋といえば、常に日光にさらされている場所。さらに、横風が問題になることもしばしばある。高速道路などで風を理由に通行止めになることもよく耳にする話だ。

しかし、それは裏を返せばそれだけ強いエネルギーを日々受け続けているということでもある。その力を利用しようというのがこの橋のコンセプト。

太陽光と風力を
エネルギーに変える橋

85singo_スクリーンショット 2015-08-01 13.54.52

85singo_Solar_Wind_08

時計のように見える丸い穴の数々は全て風力タービンになっており、横風の力を電力へと変えられる。さらに、橋の上の路面には、アスファルトの代わりに強化プラスチックでコーティングした太陽光パネルを埋め込んで発電する。これにはアメリカで開発が進められている「Solar Roadways」を使用。

この2つの機能によって生まれるエネルギー量は、予想以上に大きい。

85singo_スクリーンショット 2015-08-01 13.55.46

85singo_スクリーンショット 2015-08-01 13.55.38

想定されているのは、イタリアの都市BagneraとScillaを結ぶ20kmの道。このシステムで発電を行うことができれば、太陽光だけでも年間1,120万kWhもの電力を生め、26機設置される予定の風力タービンでは、年間3,600万kWhものエネルギーを生み出せる計算。

ちなみに、経済産業省による2014年度の日本の家庭の平均電力使用量は1世帯あたり年間4,432kWh。つまり、この高架橋から生み出されるエネルギーで、10,000世帯以上もの年間電力使用量を賄える。

さらに、橋自体の機能だけでなく、路上の脇に遊歩道を設置することで利用者や周辺の住民にも配慮がなされている。
ドライバーは遊歩道で休憩しながらそこからの美しい景色を楽しみ、地元でとれた新鮮な野菜やフルーツを食べることも魅力のひとつになる。そうなれば、地産地消を促せる。

85singo_Solar_Wind_03

85singo_Solar_Wind_01

この独創的なデザインとアイデアを提案したのは、イタリアのデザイナーFrancesco Colarossi氏、 Giovanna Saracino氏、そして、Luisa Saracino氏の3名によるデザインオフィス「COFFICE」。

オンラインコンペティション「Solar Park South」で第2位を勝ち取ったが、その斬新な見た目のみならず、見た目以上の機能的魅力で、多くの人々の注目を集める結果となった。

Reference:経済産業省
Licensed material used with permission by COFFICE ARCHITECTURE Francesco Colarossi and Luisa Saracino

関連する記事

エネルギーシンクタンク「Ember」の最新の年次報告書で、電力供給において風力や太陽光など再生可能エネルギーが石油を上回ったことを発表。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗でスタート。
「楽天」は国際的な環境イニシアチブ「RE100」に加盟し、2025年までに自社事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーにする方針を発表した。
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
長野「八方尾根スキー場」に、CO2排出量ゼロ、100%再生可能エネルギー稼働するスキーリフトが誕生した。
2月4日、デンマーク政府は世界初となる「人工エネルギー島」の建設に着手することを発表した。
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
環境に配慮した取り組みを続けている世界第2位の食品会社「ペプシコ」が、年内にアメリカの拠点のすべてを再生可能エネルギーのみで稼働させると発表。既にヨーロッ...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
このほど本拠地があるシアトルで「カップを借りる」プログラムが試験導入。市内の5店舗で、5月31日まで実施するという。
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
サステイナブルな活動を積極的に進める化粧品大手「コーセー」の新たな取り組み。
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
セビルオレンジといえば、苦味が特徴でマーマレードに最適なスペインの特産物。しかし、セリビア市では、そんなオレンジの新たな活用方法が見出されたらしい!
アメリカのテネシー州にある「チャタヌーガ空港」は、空港で必要な総エネルギーを再生可能エネルギーでまかなうことを達成した。
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
先月初旬、六本木ヒルズ森タワーがオフィス入居テナントに対して、再生可能エネルギー由来の電力供給をスタート。オフィス賃貸事業者による、入居テナントへの再エネ...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
自転車に乗るときに、ヘルメットの着用が義務化されていたり、追い越す時に確保しなければならない距離が定められていたりと、日本と比べてサイクリストの意識がちょ...
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
ポテトチップスメーカーの「レイズ」が開発したのは、ポテトチップスの咀嚼音に反応して、動画に字幕を表示させるというGoogle Chrome向けの拡張機能。...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
学術雑誌『Science Advances』に掲載された、木材を透明にする最新の研究報告。一般的に髪などを漂白する際に使用する水素で、木材が茶色く見える現...