太陽エネルギーで楽曲制作!「((( O )))」の12年計画とは?

フィリピンを拠点に活動するシンガーソングライター「((( O )))(The Sundrop Garden)」は、2018年から2030年までの12年間、毎年1枚ずつアルバムをリリースすることを発表している。

彼女について特筆すべき点は、なんといってもその制作環境

太陽光で発電した電力のみを使って、自前のツリーハウススタジオを運営しているというから驚きだ。ここで作られた楽曲には、せせらぎ雨音吹き抜ける風の音など、機械では再現できない“生の音”がふんだんに盛り込まれている。

© thesundropgarden/Instagram

このプロジェクトを通した彼女の夢は「わたしたちのさまざまなモノづくりの方法を、より持続可能なカタチに変えること」

その環境を愛する姿勢は、楽曲制作に留まらず、ライブSNSの投稿からも見てとることができる。

たとえばライブでは、環境専門家による講演や、植物や種を持ってきた人へのチケット割引、ゴミを減らすために水筒やタッパーの持参を促したりと、通常のライブではなかなか味わえない体験を味わわせてくれる。

投稿では、海辺のゴミを拾って、その製造元をタグ付けして投稿した人のなかから2人にアルバムをプレゼントする企画を発表するなど、音楽を通じた啓発活動が光る。

美しい楽曲語りかけるような歌声、そして自然とファンへの愛

日が降り注ぐスタジオで生み出される曲の「harvest(収穫祭)」(※1)を、今後も心待ちにしていよう。

※1/((( O )))は曲のリリースを「harvest(収穫祭)」と表現。

Top image: © iStock.com/olegbreslavtsev
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事