「ペプシコ」が米国で年内に「自然エネルギー」へ100%移行することを宣言!

ペプシコーラで知られ、世界第2位の食品会社でもあるアメリカの「ペプシコ」は、今年中に米国内にあるすべての拠点において、再生可能エネルギーのみで運営をするという計画を発表した。

環境に配慮したさまざまな取り組みを続けている同社。既にヨーロッパに構える拠点では、100%近く再生可能エネルギーの使用で運営され、メキシコにおいても80%近い電力風力発電でまかなっているという。

「ペプシコ」が本社を構えるアメリカは、食品および飲料業界にとって最大のマーケットであり、世界の総消費電力の半分近くを同国で占めているという。それだけに、彼らの取り組みによって生じる影響力は絶大だ。

同社のサステイナブルチーフは「業界のリーダーとして“VPPA”と呼ばれる仮想の自然エネルギー購入契約を通じ、より持続可能な食料システムの構築を目指す」と語っている。

Top image: © iStock.com/smartboy10
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事