カリフォルニア州、2045年までに再生可能エネルギー100%へ

9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。つまり、地球温暖化や大気汚染につながる二酸化炭素や硫黄酸化物などの排出を徹底的に防いでいこうというもの。

先日アメリカ政府が発表したように、GDPでイギリスを抜き世界5位という経済規模のカリフォルニア州が掲げる大胆な目標に、世界が注目しています。

もちろんスゴイことなんだけど、あと27年。ちょっと先の話ではありますね。

Top image: © Chones/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
深刻な山火事と闘うカリフォルニア州ロサンゼルスのアナハイム市では、ちょっと変わった山火事対策を実施している。それは、ヤギを使ったサステイナブルな取り組み!
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...