カリフォルニア州、2045年から販売するトラックをすべてEVに!

米国・カリフォルニア州は、2045年までに州内の電力を再生可能エネルギー100%へする宣言を行い、環境保全に関して世界をリードしている。

そして先日、同州の「大気資源委員会」が発表したところによると、今回、新たにトラックのメーカーに対してのゼロ・エミッション規制の具体的な内容が規定されたらしい。

その内容は、2045年までには排気ガスの出るガソリン車やディーゼル車の販売が禁止されるというもの。それ以降は、走行時にCO2を排出しない電気トラックや水素燃料電池トラックのみの販売が許可されることになるというのだ。

この規制は、自動車業界にも大きな影響を与えることは間違いないようで、「トラック・エンジン製造者協会」の会長であるジェド・マンデル氏は「電気や水素のトラックにはまださまざまな問題がある」と発言。

トラックとなると技術的に問題があるのは事実かもしれないが、近年の電気自動車の低価格化技術進歩は急速だ。

電気自動車メーカー最大手の「テスラ」や、「Amazon」が配送用のトラックを発注したことで話題になった新興メーカー「リヴィアン」などのさらなる技術革新にも期待が高まっているという。

規制は2045年までに段階的におこなわれていくが、今から取り組めば決して無理難題ではないはずだ。

技術力を牽引する大きな目標として、米国だけでなく世界をリードして欲しい。

Top image: © Chesky/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
「フォルクスワーゲン」は、EV化をサポートする企業「eClassics」と手を組んで製作した「ワーゲンバス」の電動モデル「e-BULLI」を発表。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
8月6日、米Amazonは自動配達ロボット「Amazon Scout」の実運用をカリフォルニア州アーバインでスタート。実証実験を経て、自動運転による宅配の...
レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2月に発売された「MOFT多機能キャリーケース」は、「PCスタンド+保護ケース+小物入れ」をひとつにまとめた優れ物。しかも、保護ケースからスタンドへの変身...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。