「ウォルマート」が「テスラ」の大型電気トレーラーを大量導入!

世界最大のスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」の展開する「ウォルマートカナダ」「テスラ」の大型電気トレーラー「Tesla Semi」130台発注したことを発表。

ウォルマートカナダは、2040年までにゼロエミッション企業になるために多額の投資をしているとのことで、2022年末までに全車両の20%を電力に変換することを約束しているようだ。

また、同社は、Tesla Semiの大量導入の決め手についても発表しており、同トレーラーが圧倒的に省エネであることのほか、多数のカメラとセンサーによる事故防止機能や、自動緊急ブレーキなどの安全機能の高さも理由とのこと。

ウォルマートカナダの運輸担当副社長であるフランシス・ラロンド氏は「この大型電気トレーラーをドライバーたちに提供できることを非常に楽しみにしている」と発言。

SDGsの達成に向けたウォルマートの大きな取り組み。燃費がよく環境にも優しい電動トレーラーが街中に溢れる日は、そう遠くないはずだ。

Top image: © Scott Olson/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
「あなたが望めば、テスラはもうすぐ喋るようになる。これは現実です」という言葉と共に投稿され多くの反響を呼んだイーロン・マスクのツイート。添付された6秒ほど...
9月1日、テスラの公式Twitterが「モデル3」から革を完全に排除したと発表。動物由来の素材を使わないヴィーガン仕様の自動車の誕生だ。
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察がパトカーとしての採用を公式Twitterで発表したのは、いろいろ話題になったテスラの新型電動ピックアップトラック「...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
『The Climate Trail』は気候変動によって人が住めないほど荒れ果てた世界を体験できるゲームアプリ。利用料は完全無料で、広告やアプリ内課金は一...
イタリア政府が、小学生から高校生を対象に、2020年9月から「気候変動」についての授業を必修科目とすることを発表した。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...