世界初「気候に中立な大型アトラクション」とは……?

オランダ企業4社の集うコンソーシアムが世界初となる“気候に中立な大型アトラクション”をデザインした。

「Spiral Tower」と名付けられた建造物には、ソーラーエネルギー風力を利用して動くユニークなアトラクションが併設され、さまざまな都市の新たなランドマークとなることが期待されているようだ。

タワーは垂直型の庭園を主とした構造となっており、先端には都市型の風車が設置。革新的な構造による省エネと自家発電でのカーボンフリーを実現している。

最大12人が搭乗可能なキャビンは、魔法のように上下動し、10分程度で地上と上階を結ぶという。

なお、設計にあたっては、ロンドンの観光名所「ロンドン・アイ」から大きな着想を得たとのこと。英国でもっとも人気のある観光名所のひとつを、先端技術を駆使し、エネルギーに依存しない設計にアップデートしたとデザインチームは語る。

気候変動が問題となるなかで、サステイナブルな視点からの都市開発が求められてる時代。このようなランドマークが溢れた世界は、とても気持ちがよさそうだ。

© NorthernLight/YouTube
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界初の『ベイマックス』をテーマとした新アトラクション「ベイマックスのハッピーライド」が2020年4月15日「東京ディズニーランド」にオープンする。「ハピ...
8月21日、Netflixオリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」の世界観を体験できる新型アトラクションがオープンすることが明らかになった。
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
「USJ」に「任天堂」のキャラクターとその世界をテーマにした、世界初となるエリア「SUPER NINTENDO WORLD」が2021年春に開業を決定。
経済産業省の発表によると、日本における太陽電池生産額は約1兆円マーケット。民家の屋根にパネルを設置している風景も目新しいものではなくなりましたよね。小型、...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。