ソーラーだけじゃない!通行人の「歩く力」もエネルギーになる世界初の街路灯

「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」がエネルギーになる世界初の街路灯。

すでにラスベガス市と提携を結んだとのことで、これからの街灯のスタンダードになるかも!?

イメージを覆す
ECOな街路灯

1be1e4090885fe8f7e62fd1667295d1f1e344e93

街路灯は世界中に3億個以上もあると言われていて、CO2の排出量に換算すると年間で1億トン以上にものぼるそうです。

そんな状況を打破すべく開発された「EnGoPLANET STREET LIGHT」は、太陽と歩行の2方向からエネルギーを蓄えるシステム。さらに、人が通った時にだけ光を照らしてくれる「インテリジェントセンサー」も備えていて、徹底的に無駄をなくしています。

このセンサーも驚きの多機能で、空気レベル温度・湿度解析可能な防犯ビデオ交通のモニタリン水検知器などもついているとか。

エネルギーの吸収は
「光」と「歩行」

2fed86709982e2302fa094342c200aebc729ca54

街路灯の近くを歩くと、特別なパッドによって、運動エネルギーとして充電されていきます。

5c374438a3611ac44175653d0f0da9d342148857

その「歩く力」と、上部についている「ソーラーパネル」の2つでエネルギーを蓄え、街灯のLEDを照らします。この太陽光によって23%の効率アップを実現。

チャージ・ステーション
としての機能も

5d127090ad8125e092a880c714e5840f73e49fc8

蓄えられたエネルギーは街灯の光に使われるだけでなく、設置されているUSBポートやワイヤレスチャージャーにも使われていて、さらにFree WiFiスポットとしても機能。

温室効果ガス削減
ゼロ・エミッションな社会へ

従来の街灯から「EnGoPLANET STREET LIGHT」へと変えた場合の実装データを見ると

・年間消費電力は、1226kWh→0kWhへ

・年間CO2の排出は、497lbs→0KwHへ

・街灯ひとつあたりの年間コストは、1,380ドル→100ドルへ

と、環境面・コスト面ともに大きな効果が得られているとのこと。

再生可能なエネルギーを使った活動は、今後もますます注目を集めていきそうですね。

Licensed material used with permission by EnGoPLANET
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
三角形のタイルを踏むことで起こる、運動エネルギーを電力に変える床発電システム。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという、究極のエコ道路が世界に広がり...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
2015年9月1日、広島県が「世界初」の手法で地域PRを始めました。何が初めてって、その“視点”。にゃんと、ヒトではなく、ネコの目線で街の魅力が紹介されて...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
上の画像を見てほしい。クルマのカギと一緒に、キーホルダーにライターのようなものがついている。