海、サーフィン、ヒッピーの街で、絶対に見逃しちゃいけないモノがある。

線路のうえ設けられた架線から供給される電力で走る電車。見慣れたこの電車のあり方に今、大きな変化が生まれようとしています。

世界で初めて、100%ソーラー発電により走行する電車がオーストラリアで生まれました。この出来事は、去年の年末にニュースとして取り上げられましたが、一体どのような電車で、どのようなことが期待できるのでしょう?

屋根に取りつけられた
「ソーラーパネル」が原動力

60120383797329925914440885075968

ソーラー発電のみで走る世界初の電車の運行を開始したのは、オーストラリアの鉄道会社「Byron Bay Railroad」。

同社は、1949年に製造され1990年代半ばまで使用されていた車両の屋根にソーラーパネルを取りつけ、ソーラー発電をする電車として再利用できるよう修復しました。

充電は屋根のソーラーパネルだけではなく、駅舎の屋根につけられたソーラーパネル、また回生ブレーキからもおこなわれます。電車は駅と駅を往復するあいだ、停止と加速を繰り返しますが、加速に使われたエネルギーのうち25%がブレーキによって回収されるという仕様になっているのです。

53780787924828164895108780523520

現地で有名な「Byron Bay」
この土地の新しい楽しみになる!?

6487293154033664

この電車が走るのは、約3kmの道のり。Byron Beach駅とNorth Beach駅のあいだを往復します。この路線、以前は廃線になっていましたが、Byron Bay Railroadが線路や橋を修復し、ふたたび利用できるようにしたということです。

乗車運賃は大人が片道3ドル(約260円)、6歳から13歳が2ドル(約170円)、5歳まで未就学児は無料。

前述した駅があるByron Bayは、日本ではあまり知られていないものの、地元ではヒッピーの街として有名な場所。オーストラリアへ行く予定がある人にはぜひオススメしたい場所なので、足を運ぶ機会があれば電車に乗ってみるのもいいかもしれません。

483147722942054460289170643353606021008687366144

クリーンエネルギーの使用は、これから世界でもますます広がっていくと予想されます。「ソーラー電車」は、その大きな一歩と言えるでしょう。

このシステムが今後広がっていけば、電力供給が厳しい場所でも電車が運行できるようになるかもしれませんね。

 


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Licensed material used with permission by The Byron Bay Railroad Company
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
海外で働きたいと言いながら、こんな言い訳をしているなら大きな間違い。あなたが世界で活躍する日は永遠に来ないと言ってもいいでしょう。本当にやりたいことがある...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
8月11日にオープンした複合スポーツエンターテイメント施設「スポル品川大井町」。新宿や渋谷からでも電車で30分とかからないくらいの場所にあります。
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!