海外旅行でも役立つ!? xsサイズ瓶入り「ピーナッツバター」。

九十九里の上質な落花生と甜菜糖と塩。本当にそれだけの材料で作った「HAPPY NUTS DAY」……自社製品ではありますが、僕はこのピーナッツバターが大好きなんです。常に持ち歩く一番の理由は、大好きな商品と一緒にいられる事が嬉しいからです。

このxsサイズの瓶はモバイルするのにぴったりのサイズ。

トースト2枚分くらいの内容量なので、初対面の人々へ名刺代わりにお渡ししたり、気軽なお土産だったり。中身が美味しいので、人に渡せば何かが起こる。思わぬ活用法のアイデアを聞けたり、笑顔、時には仕事の話も生まれます。”今回は何が起こるかな?”そんな想いで人に渡しています。

あとは、海外に行く時も機内持ち込みができるのでいくつか持っていきますね。お土産としては勿論、現地の食事に疲れた時や、レストランがない様な大自然の中。エネルギー値も高いので非常に重宝しています。

様々な環境で、自社商品と改めて向き合う事は新たな発見・出会いに繋がったりするのでこれからも持ち歩くと思います。

中野剛/アートディレクター
スケートボードの為に入学したNYの高校、山奥での自給自足生活から帰国後、多摩美術大学、広告代理店を経て、現在はピーナッツバターブランド「HAPPY NUTS DAY」代表取締役・メンズヘアサロンOCEAN TOKYOのクリエイティブディレクターを務める。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

他の記事を見る
= HAPPY NUTS DAY = スケーターが手掛ける3ヶ月で3万個売れたピーナッツバター
蓋を開けた瞬間に広がる香りは、上質な素材と焙煎したての証拠。「HAPPY NUTS DAY」は、いま話題の千葉県九十九里発ピーナッツブランドです。こちらは...
「HAPPY DAY TRIP」と名付けられた九十九里でのイベント。彼らが手づくりする"ハッピー"って何だろう?どんな形で発信されているのだろう?それを探...
「スケートと落花生へのアプローチは一緒」? 九十九里のスケーターたちが始めた『HAPPY NUTS DAY』に迫る。
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
手がけているのは、以前にも紹介したHAPPY NUTS DAY。地元を大切に想う彼らが手がけた、夏を満喫する「3つのDAY TRIP」を紹介しよう。サーフ...
トーストにも、熱々の麺にも、お肉に溶かすもアリ!このバターをトッピングするだけで、いつもの料理が極上の味わいに。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
普通のバターではありません。
これまでの「くす玉」のイメージを大きく覆す「ミニくす玉」を知っていますか?誕生日や結婚式、子どもの入学祝いや卒業祝いなどのサプライズに最適な「HAPPY ...
カレーといえばインドを連想するように、シチューもヨーロッパの国々をイメージするかもしれません。煮込んだソースをパンやお米とともに食べるスタイルが各地にあり...
本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...
バターと小麦の風味が強く、カリカリした食感で止まらなくなるバタークリスプ。気軽なプレゼントにピッタリだけど、しっかりと歴史がある、ベルギー王室御用達のお菓子。
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
バターが燃える、って意外と知られていないかもしれません。ここでは、YouTube動画で紹介され話題になった緊急時に役立つ「バターキャンドル」の作り方を紹介...
いつも使うボールペンだからこそ〈MONTBLANC(モンブラン)〉のような、そのカテゴリーにおける王道を選びました。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!