「洋服のサイズに惑わされないで!」ティーンガールに向けた投稿が大反響

この記事の主人公Deena Shoemakerさんは、地元カンザス州で10代の女の子たちのカウンセラーとして働く女性。彼女の元を訪れるティーンガールたちの悩みは、もっぱら自分の体型やダイエット法だとか。

そんな彼女がある日、自室のクローゼットの中を整理していたとき、ふと気づいてしまったことがあるそうです。サイズ5〜12のパンツがどれも今の自分にフィットしてしまう事実。

サイズXS〜Lのパンツ、
どれも履けちゃうフシギ

体型はさほど変わっていないのに、今もどのサイズもフィットしてしまう。これっておかしくない!?とDeenaさん。バラバラなサイズのパンツ6本を履き、その証拠写真を自身のFacebookで公開(それがこの写真)し、こう訴えかけました。

結局、洋服のサイズなんてバカげたものよ」、と。

ここでいうサイズはアメリカのものですが、5〜12といえば女性もののXSからLまでカバーしてしまうようなサイズ感。もちろん素材や製法にも違いがあるでしょう。けれど、これだけサイズに大きなズレが出る理由、彼女はそこを「バカげている」と揶揄しているんでしょう。

でも、これと同じような経験ありませんか。

サイズ表記のからくり

これが日本で製造されたものや、海外製品でも国内アパレル企業によるものの場合、おおむねJIS規格で定めた基準のSMLサイズに落ち着くようですが、実際、海外モノってブランドによってもサイズはバラバラだったりします。試着しないオンラインショッピングの場合は、どうにかしてサイズ以外の情報や手がかりを探そうとするでしょ。

そもそも、サイズに忠実なブランドもあれば、見栄を張るためなのか若干サイズ表示よりも大きめ(あるいは小さめ)に縫製するブランドも。なかにはSサイズが最も大きく(一般的なL)、以下XS、XXSのように表記にMやLを使わないメーカーだってあるくらい。

肉体的にも精神的にも健康で、自分らしく輝いているプラスサイズな女性たちにスポットライトが当たる一方で、「スリム=美しさ」信仰はまだまだ根強い、という印象。少しでも小さいサイズに見せたい、着ていたい願望はきっと誰にでも。そこにもサイズの“からくり”があるはずです。

「洋服のサイズに惑わされないで!」

画像とともにDeenaさんの熱い想いが込められたメッセージに共感した人々が次々にシェア、その数はすでに9万を越えました。

もっと痩せていれば、彼に別れたいなんて思われない…そう信じ込んで食事を抜き、拒食症に陥った女の子がカウンセリングに来るそうです。Deenaさんはこの女性服のサイズのからくりが、ティーンガールたちのストレスを何十倍にも大きくする要因になっている、と警鐘を鳴らし、こうメッセージを送ります。

たとえあなたがXXSを着ていても、3Lだろうと、サイズだけが美しさや個性を左右するものじゃない」と。

Licensed material used with permission by Deena Shoemaker

関連する記事

北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
世界中でプラスサイズモデルが活躍し、多くのアパレルブランドがどんな人にも似合う洋服をつくっているなかで、NIKEがやってくれました。
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
イギリス・ロンドンに、レゴウェアとスナップチャットがAR技術を使って、洋服を置かない洋服屋さんをオープンさせました。
5月21日にアーバンアウトフィッターズが発表した、洋服のレンタルサービス「Nuuly」。月額88ドル(約9500円)を支払えば、最大で800ドル(約8万6...
洋服のように仕立て済みなので、購入してすぐに着ることができるし、家で洗濯もできる新ブランド「JOTARO SAITO composition」の着物。お手...
Instagramにてマスクをして元気を広める活動「MyMaskStyle」が展開中。お気に入りのマイマスクと洋服をコーディネートして「#mymaskst...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
「Voyage Club」というサービスは、予算と目的地を教えれば、現地の雰囲気とマッチした洋服を用意してくれるんです。ホテルに着いたら、クローゼットに洋...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
こんなに近くにあったのに、知らなかった?
同国のカルチャー誌「The Atlantic」によれば、彼らは授業中に紙を回す代わりに、Google ドキュメントを使っているといいます。
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
「SKIN Ⅱ」のルックスはコンプレッションウェアだが、その繊維はプロバイオティクスを含んでいる。開発したのは、ファッションデザイナーのRosie Bro...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
結婚式の写真は一生残るものだから、痩せようと決心する女性は多いと思う。が、もし他人から押し付けられたらどうだろう?そもそも自分でその必要性を感じていなかっ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...