「洋服のサイズに惑わされないで!」ティーンガールに向けた投稿が大反響

この記事の主人公Deena Shoemakerさんは、地元カンザス州で10代の女の子たちのカウンセラーとして働く女性。彼女の元を訪れるティーンガールたちの悩みは、もっぱら自分の体型やダイエット法だとか。

そんな彼女がある日、自室のクローゼットの中を整理していたとき、ふと気づいてしまったことがあるそうです。サイズ5〜12のパンツがどれも今の自分にフィットしてしまう事実。

サイズXS〜Lのパンツ、
どれも履けちゃうフシギ

体型はさほど変わっていないのに、今もどのサイズもフィットしてしまう。これっておかしくない!?とDeenaさん。バラバラなサイズのパンツ6本を履き、その証拠写真を自身のFacebookで公開(それがこの写真)し、こう訴えかけました。

結局、洋服のサイズなんてバカげたものよ」、と。

ここでいうサイズはアメリカのものですが、5〜12といえば女性もののXSからLまでカバーしてしまうようなサイズ感。もちろん素材や製法にも違いがあるでしょう。けれど、これだけサイズに大きなズレが出る理由、彼女はそこを「バカげている」と揶揄しているんでしょう。

でも、これと同じような経験ありませんか。

サイズ表記のからくり

これが日本で製造されたものや、海外製品でも国内アパレル企業によるものの場合、おおむねJIS規格で定めた基準のSMLサイズに落ち着くようですが、実際、海外モノってブランドによってもサイズはバラバラだったりします。試着しないオンラインショッピングの場合は、どうにかしてサイズ以外の情報や手がかりを探そうとするでしょ。

そもそも、サイズに忠実なブランドもあれば、見栄を張るためなのか若干サイズ表示よりも大きめ(あるいは小さめ)に縫製するブランドも。なかにはSサイズが最も大きく(一般的なL)、以下XS、XXSのように表記にMやLを使わないメーカーだってあるくらい。

肉体的にも精神的にも健康で、自分らしく輝いているプラスサイズな女性たちにスポットライトが当たる一方で、「スリム=美しさ」信仰はまだまだ根強い、という印象。少しでも小さいサイズに見せたい、着ていたい願望はきっと誰にでも。そこにもサイズの“からくり”があるはずです。

「洋服のサイズに惑わされないで!」

画像とともにDeenaさんの熱い想いが込められたメッセージに共感した人々が次々にシェア、その数はすでに9万を越えました。

もっと痩せていれば、彼に別れたいなんて思われない…そう信じ込んで食事を抜き、拒食症に陥った女の子がカウンセリングに来るそうです。Deenaさんはこの女性服のサイズのからくりが、ティーンガールたちのストレスを何十倍にも大きくする要因になっている、と警鐘を鳴らし、こうメッセージを送ります。

たとえあなたがXXSを着ていても、3Lだろうと、サイズだけが美しさや個性を左右するものじゃない」と。

Licensed material used with permission by Deena Shoemaker
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
こんなに近くにあったのに、知らなかった?
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
10代(ティーン)たちが経験する悩みや相談、そして楽しい出来事などを募集し、短編アニメーションにするstorybooth。ティーンたちが送った音声録音を元...
SNSにアップする過激な画像や文章が話題となり、10代を中心に絶大な支持を受ける「BLACK BRAIN Clothing」(BBC)のディレクター・iL...
「SNSを通じて人から好印象を持たれるためには、洋服だけを極めれば良いというものではないし、部屋のコーディネートに気をつければ注目されるというものではない...
心温まる動画をご紹介。
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
2014年から、カップルで旅をしているAndrewさんとAdrienneさん。今では世界中を転々としながら、彼らが立ち上げた、ファッション企業「The R...
「人生を楽しむのに年齢なんて、関係ない。」それを実践しているアジア系アメリカ人の微笑ましい夫婦がいます。彼らが今ハマっているのはコスプレ!しかも始めたのは...
アイロンプリントのノリで、手持ちのウェアをカスタマイズできる。
はじけるような笑顔が印象的なのは、フロリダ在住のCheyenne Lee。世界で一番美しい釣りガールとして、爆発的に注目を浴びている。セクシーさも人気に火...
1914年創業の浅草アートブラシ社の大ヒット商品、毛玉取りブラシを買いました。私ももういい年なので、いいものを長く使っていきたいななんて思ったわけです。そ...
大正14年創業という老舗による自社ブランド。他のブラシを使ったことがないので、大きなことは言えませんが、幅広い繊維に対応できるように馬毛をミックスしていて...
ニューヨークに住んでいた時思ったのが、おしゃれな女性が多いということ。ベーシックなアイテムでも、なぜかかっこいい。どうしてかな?と観察していて「その人の身...