洋服を置かない洋服屋さん

白い部屋の中で、数人がスマホを見ながらウロウロしている。なんだか『世にも奇妙な物語』にありそうなシーンですよね。

でも、ここは洋服屋さん。ちゃんと洋服が買えるんです。

ロンドンにて、2月13日のみの期間限定でオープン。手がけたのはレゴウェアとスナップチャット。スナップコード(スナップチャット用のQRコード)をスキャンすれば、AR技術を使って、購入できるアイテムがスマホに表示されるようになっています。だから、店内に洋服を展示する必要がないのです。

ちなみに、スナップコードさえあれば、世界中のどこからでもアクセス可能。

リアルと仮想現実を融合させたメリットをより打ち出せれば、アパレルショップのあり方も変わるかもしれませんね。試着をしたあとに、ARを使ってスタイリングのオススメをしてくれるとか。

Top image: © Snapchat
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
5月21日にアーバンアウトフィッターズが発表した、洋服のレンタルサービス「Nuuly」。月額88ドル(約9500円)を支払えば、最大で800ドル(約8万6...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
こんなに近くにあったのに、知らなかった?
「SKIN Ⅱ」のルックスはコンプレッションウェアだが、その繊維はプロバイオティクスを含んでいる。開発したのは、ファッションデザイナーのRosie Bro...
9月1日、90年代から00年代前半にかけて爆発的な人気を誇ったテレビドラマ『フレンズ』の放送開始から25周年を記念したレゴの販売が開始される。
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...