コンブチャ製「ビーガンレザー」で、洋服が作れます!(豪・大学)

クイーンズランド工科大学では、お茶を発酵させてつくるコンブチャを用いた「ビーガンレザー」が開発中。「コンブチャ」とは、紅茶キノコとも呼ばれている発酵飲料のことです。美容に良いとされており、ミランダ・カーが愛飲しているーーなんて話題にも。知っている人は多いかもしれません。

生地の制作風景が紹介されている「ABC NEWS」の動画を見てみましょう!

見た目がかな〜り衝撃的な、
地球に優しい自然素材!

974471725ca84c9b7f0afed8d80138f266a10e0bCfbc6889f461f930446ddaae334bab8d9b3625b868c212e659bc4938a20ac2a0fd9a355e57c8d9f5Ebc5ef0a9f87ab92c5e2f04f6cc7802ac90e44c9575148c6a8dccf258a7cdd7cc2c2ab93ecbca488

ブヨブヨしたものが映っていましたが、それがコンブチャすでに学生たちは、これを乾燥させて使い、鞄やハンドバッグ、シャツ、靴、ベスト、ジュエリーなどを手づくりで制作しています。

切ったり、縫ったり、くっつけたり、型に流し込んだりでき、今後、防水性を持たせたり、塗装やレーザー彫刻ができる可能性も秘めているそう。

もちろん、微生物によっても分解可能で、再利用できる地球に優しい素材であると、同大学はコメント。こんなものができちゃいました。

F6bbb79b359732b5f0db71d92627a0493539252276c42624ae31906519c037c48f4273eae8e7d5417b147d5510b15de8783b657581dba4eeded3256a291722db0d933ef49e6834690f0c406860a0712eD1359c3884d4f921f83fccf76d91442fcc3eec13

Clockwise from top: Sam Smith and Jack Milne; Neneh Browne and Courtney Foster; John York Hon and Sofia Moreno Marcos; Ashley Donald and Mel Hocking; Rachel Schoch and Kaydee Fallon; Bronte Armstrong and Aaron Waters-Marsh.

写真で見ると硬そうですが、動画に映っていた薄い生地や、繊維にして織ったものなどを見ると、現実味が湧いてくるかも?

つくりかたはビールの醸造に似ており、紅茶をバクテリアとイースト菌によって発酵させ、乾燥させています。皮と紙の中間のようなものだとか。

8月28日に開催されるイベント「CreateX」へ出展を予定しており、一般の人々も上に紹介したような制作物を身につけられます。

雨が降ったらハダカになっちゃう!なんて声は多いようですが、研究はまだまだこれから。「ABC News」によれば、コンブチャに限らず、植物性であり、ミキサーなどで簡単に分解して作り直せる持続可能な素材を開発するべく研究が進められているようです。

Licensed material used with permission by Alice Payne
Reference:ABC News
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
ふたつとして同じものはない、その偶然性こそが「人間らしさ」。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」!
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
洋服が着ている人間に合わせて変容するーー。そんな未来を感じさせる動画があります。ドイツのインターフェイスデザイナー・シモーネ・シュラム氏が開発したウェアに...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...