心拍数・体温に合わせて変容する「マッスルシャツ」が未来的!

洋服が着ている人間に合わせて変容するーー。そんな未来を感じさせる動画があります。

ドイツのインターフェイスデザイナー・シモーネ・シュラム氏が開発したウェアには、センサーが埋め込まれており、心拍数や体の動きを感知。体温に合わせてワイドに緩めたり、タイトに絞ったりと、伸縮によって姿勢矯正をサポートしてくれる機能が。

心も体も、
トランスフォーム!

操作は必要なし。収集したデータをアプリに記録して、動作を直感的にサポート。服に小さな切り込みがいくつも入っており、開くと下地の色が現れる仕組み。

“変容する”ことによって得られる心理効果で、スピードや敏捷性といった身体的なパフォーマンスにも影響すると言われています。化粧で性格まで変わるーーなんて話を聞いたことがありますが、同じくして自信がつくのかもしれませんね。

いまだコンセプトデザインではありますが、その機能はスポーツ以外にもいろいろな用途が思い浮かびます。

着るデバイスで、
体調管理できる!

例えば、日本で開発されている「hitoe®」も、同じように着用することで心拍数などをトラッキングできます。この機能を使って、車を運転するドライバーの体調から眠気を察知し、アプリを通してアラートを発信するテストが行われているようです。

過去には、ノースカロライナ大学が、貼るだけで1型糖尿病患者に必要な投薬が行える「スマートインスリンパッチ」を開発し注目されました。スポーツや日常生活の補助以外に、医療機器を着るなんて日も想像できます。いずれは、心臓マッサージしてくれるウェアが登場する日も…とは、考えすぎでしょうか。

ちなみに、シュラム氏が開発したデバイスの中には、触ると皮膚から情報を得て、ストレスがあればあるほどニョキニョキ突起が出てくるボールなんてのも。

このように、心身の状態を読み取る機能はすでにいくつかあります。

衣服を機能で選ぶこと自体は今でも自然なことですが、それぞれの状況に合わせて、着用したデバイスの形態が最適化され、対処してくれるなんて、未来を感じますよね。ゆくゆくは、心地よさを今までにないカタチで演出してくれるかも。「マッスルシャツ」は、そんな可能性をも含めた未来への第一歩なのでは!?

Licensed material used with permission by simone schramm
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
エクササイズ×ウェアラブル、高精度な健康管理系のウェアラブル端末は急速に普及し、健康維持に役立てられています。ここで紹介するのもそうしたデバイスのひとつな...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
カナダのファッションカンパニーが開発した下着「Skiin」は、あなたの体温や心拍数、呼吸回数、水分量、体脂肪率などのあらゆる健康に関するデータを集めてくれます。
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
尿中に含まれるメタボリズム(代謝)情報を医療に役立てようと「スマートトイレ」の開発が進んでいる。研究をおこなっているのは、ウィスコンシン大学マディソン校と...
体温調整は健康を維持するための大切な要素。ですが、寒暖差が激しい季節の変わり目なんかは、とくに管理が難しいものです。冬本番で冷え性に悩まされているという人...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
アメリカのテネシー州ナシュビルに住む、80歳のおじいちゃんマーヴィン氏と彼の6歳の孫娘キラちゃんが、道を挟んで一緒にダンスをする動画が話題に。コロナにもめ...
言語能力を持たない生き物に寄り添い理解を深めることで、世界のあり方を生き物と共に決めていく未来を目指したい──そんな思いから「株式会社ラングレス」は心拍情...
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
動画サイト「Kurzgesagt」が紹介する、アンチエイジング方法は一般的なものとは少し異なったもの。ある物質を体内に投与することで、皮膚ガンやアルツハイ...
カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者らが「2度のまばたき」によって見ている対象物にズームインするコンタクトレンズを科学雑誌に発表。
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
アウトドアブランドの「コロンビア」が新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、Instagramでキャンペーン「#toughertogether(#ともにタ...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
頑張って運動しているけど、なかなか痩せない。痩せるために食事制限もしてみたけど、イライラする。それはもしかしたら、運動をする「時間帯」が間違っているのかも...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
「Ruawalk」は、脂肪燃焼などの目的に合わせて、歩くペースを調節してくれるデバイス。ときに「もっと速く!」などと声をかけてくれるそうです。