太平洋に浮かぶ「人工都市」が、2019年建設開始。

遠い海の果てには理想郷がある。

こんなおとぎ話をよく耳にしますが、それが現実となる日も近いかもしれません。

海上都市の研究機関Seasteading Instituteは、フランス領ポリネシアと協力し、太平洋に浮かぶ人工都市を作るプロジェクトを進めているそう。完成すれば、「法や税金に縛られない、自給自足で成り立つ革新的なユートピア」の実現になるといいます。

着工開始は2019年を予定。

太平洋に浮かぶ「人工都市」

海上浮遊都市の目的は、「人類を政治家から解放すること」。

Seasteading Instituteは2008年からこのアイデアの実現のために、建設技術の研究と建設場所の選定を行ってきました。

プロジェクト開始の段階から、その大胆なアイデアはメディアに取り上げられ注目を集めていましたが、建設候補地がなかなか見つからず、実現は困難なものと思われていました。

太平洋に浮かぶ「人工都市」太平洋に浮かぶ「人工都市」

しかし、フランス領ポリネシアがこの構想に賛同し、人工島建設のための覚書を締結したところで、夢物語かと思われた建設計画が一気に現実味を帯びてきました。

今年中にはポリネシアの法案へ反映され、来年の法案可決を目指し、順調に進めば2019年には着工する予定だということです。

自給自足で成り立つ生活

太平洋に浮かぶ「人工都市」太平洋に浮かぶ「人工都市」

海上都市の建物は水位の変化に対応できるよう、浮力を持った素材で基礎部が作られ、常に海面に浮いた状態が保たれるようになってる模様。今後、もし地球温暖化の影響で海面の水位が上昇しても、都市はそれに柔軟に対応することができるとか。

太平洋に浮かぶ「人工都市」太平洋に浮かぶ「人工都市」

また、都市には住居、ホテル、オフィス、レストランを含む12の施設が建設され、電力は太陽光発電によって供給される予定。海水を使って室内の温度調節をしたり、下水を浄化する装置なども開発が進んでいます。

この画像では非常に小さな村のように見えますが、Seasteading Instituteは規模の拡大を視野に入れており、数千人もの人が暮らせる都市まで発展させるつもりのようです。

太平洋に浮かぶ「人工都市」

台風や地震などによる津波災害に備え、Seasteading Instituteはポリネシアの海上でも外洋の影響の少ない狭い場所を候補地として選んでいます。

今後規模を拡大するにあたって、もっと広い場所での建設ができるよう、災害に備える研究は今後も進展していく予定です。

太平洋に浮かぶ「人工都市」太平洋に浮かぶ「人工都市」

「自由に満ちた海上のユートピア」はいよいよ実現に向けて歩き出しています。

私たち自身が今の生活から海上生活へシフトしていくことは想像しがたいですが、Seasteading Instituteの研究は、今後陸地で大きな災害が起きたときに役立つ技術としても注目されるかもしれません。

着工予定の2019年を楽しみに、今後も壮大なプロジェクトに注目していきましょう。

Licensed material used with permission by Blue-Frontiers

関連する記事

3月19日、香港政府が人工島を建設すると発表しました。環境破壊をはじめとした理由で批判の声もたくさん上がっていますが、注目したいのはその理由です。
2月4日、デンマーク政府は世界初となる「人工エネルギー島」の建設に着手することを発表した。
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
東洋の真珠と謳われるマレーシア・ペナン島。東南アジア有数のリゾートアイランド南部に人工島造成の計画が。
目の周りに配置した6つのシリコンに加え、こめかみ専用のユニットで目元を癒す「モノルルド アイケア」が発売。人の手でマッサージされているような心地よさが魅力。
2019年4月にスイスの食品会社ネスレが、植物性の人工肉を販売すると発表しました。
「代替肉」を取り巻くシーンやビジネスが盛り上がりをみせるなか、動物の細胞から人工培養で食肉を作るアメリカの企業「Mission Barns」が一般人を対象...
サステイナブルな居住開発に取り組む「国連ハビタット」。進行する地球温暖化とそれによって生じる海面上昇を踏まえて、水に浮かぶ都市について議論しました。
12月9日、学術誌『ネイチャー』に、地球上の人工物の総重量が生物の総重量を上回ったかもしれないという論文が掲載された。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
新しい形の無人店舗が、コロナ禍であらためて注目されている。東京の「無人店舗」をピックアップ!
科学でよりサステイナブルで健康的な食品を生み出す企業「Eat Just」が製造する、動物の細胞から作った鶏肉の販売が、先日、シンガポールにて承認された。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
世界初の人工流れ星プロジェクト「エールの挑戦」
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
プロサーファーのケリー・スレーターが、カリフォルニアに世界最大級の人工サーフィン施設を建設すると発表。総工費は約200億ドル。ホテルやレストランなども備え...
電気自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロン・マスクが世界の病院へ向けて人工呼吸器を送料も含めて無償で配布することをTwitterで発表した。対象は「テス...
米国の研究によると、人工甘味料を使った食品でも太ることが判明したとのこと。「カロリーゼロ」はただの幻想だった!?
1月14日、R&BシンガーソングライターAKONが構想する未来都市の建設に関して、セネガル共和国の国営観光会社「SAPCO」が正式に承認をした。
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
マサチューセッツ総合病院の研究チームが、移植に適した人工の手足の開発に向けた“最初のステップ”をクリアしたと発表した。これはロボットアームなどのインプラン...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
大田区京浜島にて11月3日(日)「鉄工島フェス2019」が開催される。今年で3年目を迎える音楽とアートの祭典に注目!
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
弱冠18歳のインドの青年Rifath Shaarookさんが、世界最軽量の人工衛星を開発した。「KalamSat」と名付けられたこの衛星は、なんとわずか6...
英・オックスフォード大学の研究チームが発表した研究結果によれば、人工知能によって、唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できる機能が実現しました。これま...
世界的な建築事務所「Zaha Hadid Architects」がデザインした「ユニコーン島」のマスタープランが公開された。67ヘクタールに渡って設計され...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?