ネスレが「人工肉」市場に参入

ヴィーガニズムの盛り上がりは、欧米ではすでにティッピングポイントに達していて、もはや逆らうことなんてできません。当たり前のようにヴィーガンフードを手に取れます。

「たくさんの消費者は、肉を食べないことが健康にも地球にもいいと気づいています」。そう公言したのは、スイスの食品会社ネスレ。2019年4月に植物性の人工肉を販売すると発表しました。

「新しい肉は肉好きの人が食べたとしても違和感なく楽しめるでしょう」と自信たっぷり。今のところ判断材料は見た目だけですが、確かに遜色ありません。

ネスレの目的は「生活の質を上げて、健康的な未来づくりに貢献すること」。まずは欧米での販売から始まります。

Top image: © Nestlé
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
10年後、培養肉のイメージが一変しているかもしれません。
3月19日、香港政府が人工島を建設すると発表しました。環境破壊をはじめとした理由で批判の声もたくさん上がっていますが、注目したいのはその理由です。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
「Hilton London Bankside」に誕生した、ヴィーガンの人のためのスイートルーム。ヘッドボードやクッション、椅子にはパイナップルの葉の繊維...
8月7日、ドイツの社会民主党と緑の党の議員たちが、肉製品の軽減税率(7%)を廃止し、付加価値税率(19%)を適用することを提案した。
この写真は「インポッシブルバーガー」という商品。一見、肉厚でジューシーなパティに見えるけれど、肉は一切使用されていません。植物でつくられているんです。見た...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...