ついにマクドナルドから「植物性代替肉バーガー」デビュー

満を持して、といったこところか。

「マクドナルド」が2021年より、植物由来の代替肉バーガー「McPlant(マックプラント)」を発売すると発表した。

2019年から今年初めにかけて、カナダのフードテック企業「ビヨンドミート」と協力し、オンタリオ州のチェーン店にて試験的に植物ベースのパティを使用したバーガー「PLT(Plant、Lettuce、Tomato)」を販売してきたが、ネーミングも一新し、来年度より正式に導入となるようだ。

今月9日、「McPlant」に使用される植物ベースパティの一部を共同開発したと発表した「ビヨンドミート」。これに対しマクドナルド側は、パティのサプライヤーの言及を避け、さらに「McPlant」を社内で独自開発、生産すると発表。あくまでオリジナルでの姿勢を崩さない様子も。

いずれにしても、ハンバーガーチェーン最大手のプラントベースバーガー。日本での展開はいつからか?そして、どんな反響になるんだろう。

 

Top image: © iStock.com/ermingut
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事