米国内のスーパーマーケットに「人工肉」が増える?

米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造した植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得た。これにより、同社は自社の製品をスーパーマーケットなどで販売できることとなる。

事実、インポッシブル・フーズは、9月から一部の小売店で人工肉を使用した「インポッシブル・バーガー」の販売を予定している。

既に小売店での一般への販売を開始しているライバル社のビヨンド・ミートとともに、米国内での人工肉需要の拡大を一気に加速させることは間違いない。

ヴィーガンカルチャーや動物保護などの観点から世界中で注目を集めている人工肉という存在が、この先どこまで一般化・大衆化するかの試金石になるかもしれないこのトピックを注視していきたい。

Top image: © Impossible Foods
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2019年4月にスイスの食品会社ネスレが、植物性の人工肉を販売すると発表しました。
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。
ドバイの海に浮かぶ「Carrefour Bites and More by the Shore」は、海上スーパーマーケットです。食品や飲料水など300種類...
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
「渋谷キャスト」で開催される、たった一夜限りの「東京夜市」。大人が楽しめるナイトマーケット。
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
10年後、培養肉のイメージが一変しているかもしれません。
東京・渋谷の「CLUB TK SHIBUYA」。今夜も終電後に盛り上がりはピークに。女の子たちをシューティング。
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
3月19日、香港政府が人工島を建設すると発表しました。環境破壊をはじめとした理由で批判の声もたくさん上がっていますが、注目したいのはその理由です。
「コニカミノルタプラネタリウム天空 in東京スカイツリータウン」の音楽イベント「LIVE in the DARK」。本公演には3度目の出演となるmoumo...
ヨーロッパではグローブにさまざまな動物の革を使用するのに対し、アメリカでは「ディアスキン<鹿皮>」一辺倒。その理由とは?
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...