イギリス大手スーパーマーケット「ASDA」が肉と魚コーナー廃止を発表

イギリススーパーマーケット買えなくなるかもしれない。

先日、英国内2番手の大手スーパーマーケット「ASDA」が、精肉鮮魚コーナーを全400店舗で廃止すると発表。昨年には、イギリス最大手の「Tesco」も同様に、ユーザーニーズと効率化の面から肉やデリの対面販売コーナーをなくすとアナウンスしている。

「ASDA」の既存の生鮮コーナーについては、「Food for Now」と名づけられた新たな食空間へと様変わりする予定。フードコートをはじめ、「Sushi Daily」や「Subway」とパートナーシップを組み、寿司やパイといったすぐに食べられる惣菜も多数ラインナップ。ヴィーガンメニューも豊富に取り揃えられるようだ。

寿司や多国籍料理の人気は高く、そういった消費者の要望を反映させ実現した「Food for Now」。この試みは、既に13店舗で実施されており、2020年末までには150店に拡大する予定。

この流れ、すべては「ユーザーが望んだ結果」ということなのだろうか。

Top image: © iStock.com/Lisovskaya
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
ドバイの海に浮かぶ「Carrefour Bites and More by the Shore」は、海上スーパーマーケットです。食品や飲料水など300種類...
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...