ドイツのスーパーマーケットでは、絶対にコレを買ってみて!

ドイツは世界でも有数のオーガニック大国。住んでみると、いたるところで「BIO(ドイツ語でオーガニック)」のマークを目にします。

ほとんどの都市にオーガニック製品専門スーパーがあるのはもちろん、普通のスーパーやドラッグストアにだってオーガニック製品がたくさん。割高でも、あえて「健康のため」「環境のため」と考える人が多いドイツでは、オーガニックはライフスタイルのひとつとして根付いています。

流通量が多いぶん、日本よりブランドや価格に幅があるのも特徴。差別化を狙ってか、デザインも多種多様です。というわけで、近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました。

キーワードは「BIO+ドイツっぽさ」です。

食材の組み合わせが新しい「Little Lunch」

©2019 TABI LABO

10人に1人がベジタリアンorヴィーガンのドイツ。この国の人たちは、お肉を使わずに美味しい料理をつくる方法をよく知っています。スープ売り場で見かけてパケ買いした「Little Lunch」もそうでした。

パンプキンマンゴーやキャロットオレンジ、バナナ入りのスープカレーなど、日本にはない組み合わせのスープもたくさん。定番のトマトスープだって、食べてみると味付けが日本とちょっと違うことに気づくはず。

※Little Lunchには肉を使用した商品もありますが、肉不使用品でないと日本への持ち込みが禁止される可能性があります

家事も合理的なドイツ人の味方「Just Spices」

©2019 TABI LABO

ドイツのスーパーで気づくのは、インスタント調味料の多さ。日本ではスープでおなじみのクノールや、コンソメが有名なマギーなどのメーカーが何種類もの製品で棚を埋めています。家事をサッとシンプルに済ませてしまうドイツ人にとって、インスタント調味料は生活の強い味方です。

さて、棚を埋め尽くす商品のなかでもつい目が行くのが、ポップなカラーが素敵な粉末調味料「Just Spices」。かけるだけで完成のパスタから混ぜるだけで出来ちゃうカレーなどフレーバーもいろいろ。

作り方はグーグル翻訳に頼るべし(笑)。

変わり種ティーバッグ「TEATOX」

©2019 TABI LABO

ヨーロッパでお茶というと、まずは紅茶大国イギリスをイメージしますが、ドイツも紅茶は日常生活に欠かせません。風邪や鼻炎、腹痛などの体調不良のときはまずハーブティーに手を伸ばすほど、ドイツ人は紅茶の「機能」にも大きな信頼をおいています。漢方みたいなイメージなのでしょうか。スーパーはもちろん、ドラッグストアにもいろんなブレンド、フレーバーのティーバッグが常に数十種類並んでいます。

なかでも変わり種が「TEATOX」。リフレッシュしたいときのための紅茶、ゆっくり眠りたいときのための紅茶、デトックス用の紅茶(しかも朝・夜用で2種類)などなど、茶葉やフレーバーではなく、機能別にラインナップ。

特定のシチュエーション用の紅茶ってだけで、ちょっとテンションがあがりません?

ドイツの朝食をカップに詰めて「My Müsli」

©2019 TABI LABO

ドイツの朝食の定番・ミューズリー。グラノーラに似ていますが、一般的にグラノーラよりも甘さ控えめでローカロリーなシリアルです。もちろんどのスーパーにも各種置かれているわけですが、シンプル&カラフルな「My Müsli」に目がとまりました。味が淡白すぎてミューズリーに苦手意識をもっていた私も、果物やチョコレートがたっぷり入ったMy Müsliは美味しく完食できました!

もともとオンラインで自分だけのオリジナルミューズリーを注文できるということで人気になったMy Müsliですが、スーパーで販売されているカップタイプはお試し用にうってつけです。

Top image: © 2019 TABI LABO
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
ドバイの海に浮かぶ「Carrefour Bites and More by the Shore」は、海上スーパーマーケットです。食品や飲料水など300種類...
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
まだ食べられるのに、消費期限が近いことを理由に大量に捨てられてしまう食品。商品の在庫や消費期限を追跡して、それに合わせた価格設定や入荷予測を自動で行う新し...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。オーストラリアのセブンは、つい日常使いしたくなるハイカロリーな食べ物や飲...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
つい先日、ドイツ・ザクセン州のオストリッツでネオナチの音楽フェスが開催。市民たちはお酒を飲ませないようにスーパーなどからビールを買い占めました。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
彼らが決行したのは<国内生産量の危機>を、伝えたかったからではないのです。人種差別をしたり、多様性が受け入れられない社会は貧しい、ということを国内シェア率...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
「シドニー・フィッシュ・マーケット」は近年老朽化が進み、デンマークの建築デザイン事務所「3XN」の設計図を基に建て直しが決まりました。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。