世界初・自動運転でやってくる「スーパーマーケット」

去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。

今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代がくるのかもしれません。

このスーパーマーケット「Moby Mart」は、スウェーデンのスタートアップ「Wheelys Inc.」と、中国の合肥工業大学が共同で開発したもの。

なんでも、店舗は自動運転で各地を移動するそう。朝は駅チカに、昼はオフィス街に、夜はサッカースタジアムに…という具合に、人が賑わう場所に移動していくことができます。

在庫の管理もAIで

店内にスタッフの姿はなく、AIが販売補助や店内の管理、商品補充を行います。商品在庫が少なくなると自動で倉庫まで戻り、在庫を補充してまた営業を再開するシステム。

また、店の電力供給や空気のフィルタリングは、すべてソーラーシステムで賄われているという、環境への配慮も。

現在、上海では自動運転が許可されていないため、ドライバーが運転するか遠隔操作を行っていますが、技術的にはすでに無人で営業可能。合法化されれば、完全な自動運転での営業になります。

お財布レスで
ショッピング

もうひとつ画期的なのは、お財布が不要なこと。

購入するときは、スマホのアプリを使用します。アプリで商品をスキャンしてオンライン決済するシステムなので、レジは必要なく手軽。

さらにアプリでは、「Moby Mart」がいつごろ自宅の近くに来るのかを把握することもできます。バスや電車を待つようにスーパーを待つなんて、なんだか不思議な感じです。

また、ドローンによる宅配サービスまで。話だけ聞くと近未来かのように感じますが、これはもう営業を開始しているお店だそう。

Moby Mart」は軽食や飲み物に加え、日用品や雑誌、薬まで揃えていて、ATMなどの機能も搭載されています。こうした形式の店舗が一般的になれば、スーパーやコンビニのあり方がまた変わってきそうです。

たとえば、なかなか遠出のできない高齢者や、交通の便の悪い場所に住んでいる人なども何不自由なく買い物できるようになるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Moby Mart
andmore
他の記事を見る
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
過去に、セルフ精算機がスーパーに並び始めたときにも驚いた。自分で精算していいの?という感じ。でも、その必要さえなくなってしまった。IDを認証して店内に入っ...
ドバイの海に浮かぶ「Carrefour Bites and More by the Shore」は、海上スーパーマーケットです。食品や飲料水など300種類...
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
まだ食べられるのに、消費期限が近いことを理由に大量に捨てられてしまう食品。商品の在庫や消費期限を追跡して、それに合わせた価格設定や入荷予測を自動で行う新し...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
「Loomo」は、人工知能やモーションセンサー、自律走行などを搭載しています。クラウドファンディングでは、約6,000万円を集める人気ぶりです。
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
「何じゃ、こりゃ!」15階建てのビルに整然と並べられたのは、1台ウン千万円のスーパーカー。ランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン…ヨダレが垂れてきてしまう...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...