「自動運転車のドライバーに免許証は必要なし」。カリフォルニア州の新方針に世界が注目するワケ

ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だろう。

2016年、各国で開催されたモーターショーでも注目はやはり自動運転車だ。AIによる走行中に、運転席がシートごと反対を向くメルセデス・ベンツのコンセプトカーに目を丸くした人も多いはず。ドライバーが運転から解放され、リビングでくつろぐように足を投げ出していたとしても、未来の車は安全に走行を続けてくれるというのだから。

こうなるともはや、いったい誰がドライバーなのかも分からない。人工知能が勝手に運転をしてくれるのならば、そもそも運転免許証だって必要?というような議論は、やはり技術革新につれて、以前からなされてきた。

そして、ついにカリフォルニア州が世界に先駆けた新方針を法制化しようとしている。「自動運転車のドライバーは運転免許証の携行必要なし」とする方針を、連邦政府に認可請求していることを「Los Angeles Times」が報じた。

人間ではなく、
人工知能がドライバー?

記事によるとカリフォルニア州では、すでに2012年より自動運転車向けの新たなレギュレーションを制定すべく陸運局がドラフトを通し、およそ2年間かけて公道をテスト走行する自動運転車の規則をつくりあげてきたという。

とりわけカリフォルニア州では、テスト走行であれ第三者機関によって安全性をチェックさせる独自のルールを敷いていたというから、今回の「免許不要」という方針もきちんとした裏付けあってのもの、との見方が大半だ。

仮に、“自動運転車には免許不要”が連邦政府からの認可を得て法制化された場合、ハンドルを握らない人間に代わり、AIつまりはプログラムそのものが「ドライバー」という認識に。

もしも、自動運転車が
事故を起こしたら?

では、もしも自動運転で交通事故を起こしたら、それは誰の責任になるのか。その前に、開発段階によって4つのレベル分けられる自動運転車の区分を、さらっとおさらいしよう。

レベル1:ハンドル、アクセル、ブレーキのいづれか1つを自動操作。
レベル2:ハンドル、アクセル、ブレーキのうち複数を自動操作。
レベル3:原則すべてを自動で行うが、緊急時はドライバー対応。
レベル4:完全自動運転(ドライバーは関与しない)。

すでにレベル2までは国内でも市販化され、アウディ社は世界初となるレベル3量産車の発表を翌年に控えている。このレベル3までであれば、責任は当然ドライバーであることはお分かりだろう。

問題はレベル4。責任を負うべきは、プログラムをつかさどるAI開発会社なのか自動車メーカーか、それとも完全自動運転に欠かせない高度道路交通システム(ITS)なのか。事故を起こしたとしても、その原因が車両側にあるのか交通システムにあるかによっても責任の所在は変わる。

法改正や保険制度の見直し、こうした懸念を一つひとつ明確にした先にしかレベル4の実用化は見えてこない、のでは。完全自動運転への道のりは、単純に技術革新だけで解決できる話でもない。

運転免許の要不要もそのひとつ。ゆえに、今回のカリフォルニアの動向に世界が注目しているのではないだろうか。今後、10月20日には、専門家を集めた公聴会を開き、法制化に向けた最終案を決定する方針だという。自動運転の未来はどうなる? 

IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
11月15日、「コロラド州歳入局」が運転免許証デジタル化の試験導入についてリリースを発表しました。一部似たようなテストが行われていたアイオワ州や、アイダホ...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
「Loomo」は、人工知能やモーションセンサー、自律走行などを搭載しています。クラウドファンディングでは、約6,000万円を集める人気ぶりです。
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
数々の逸話をもつカーブランド。先日、自動運転船舶のコンセプトが話題になりましたが、自動運転車両のコンセプトデザインにもビックリ。とにかく画像を見てみて下さ...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
2015年12月2日に投稿されたツイートに注目が集まっています。運転免許証を持っていれば知っているはず!なのですが、過去に警視庁が行ったアンケート調査では...
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。