「安全のために」不法移民の運転免許証取得を認めるNY州

ニューヨーク州では、不法移民でも運転免許証の取得が可能になります。安全性を確保する、というのがひとつの目的。

同州の発表によると「4年前に同じような法律を施行したコネチカット州は、無免許運転の有罪事件が4000件減り、ひき逃げ事件は2016年から18年にかけて9%減少している」とのこと。全てが不法移民によるものではありませんが、ある程度の効果は期待できるってことです。

スタートから3年間で、8390万ドル(約90億円)の歳入増加になるとも予想されています。これも施行理由のひとつ。

運転免許証の取得の際には社会保障番号を提示する必要がないので、プライバシーは保護されるのだとか。

Top image: © iStock.com/anyaberkut
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーショ...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
6月28日、ワシントン州キング群の保安官事務所のFacebookに、少し変わった事件に関する投稿があった。26歳の男性が保安官事務所に窓ガラスを割って不法...
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...